top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『Dr.コトー診療所』16年ぶりの「続編」始動と柴咲コウの“懐事情”

週刊実話WEB

柴咲コウ (C)週刊実話Web

吉岡秀隆主演のドラマ『Dr.コトー診療所』の続編が、劇場版として16年ぶりに復活。年末公開に向けて撮影が始まっていると、『週刊女性プライム』が報じている。

同作は、沖縄県八重山列島にあるとされる架空の島・志木那島(しきなじま)を主な舞台とする医療ドラマ。主人公のコトー役を吉岡、看護師の星野彩佳を柴咲コウが演じ、中島みゆきの主題歌や吉俣良の劇中音楽など、それまでの医療ドラマの視点とは異なる演出が話題になった。

【関連】柴咲コウ“狂暴エピソード”流出と経営会社危機の中…四十路金髪「艶写真集」計画 ほか

ロケ地となっている与那国島では6月10日から映画の撮影がスタートしており、島民に「エキストラ募集」のチラシも配られているという。

ファンからは、早くも期待の声が上がっている。

《もう続編はないと思ってたからめちゃ嬉しい。楽しみです》

広告の後にも続きます

《キャストはできるだけ変えないでほしいなぁ。コロナの話とかもやりそうだな》

《マジか! 好きなドラマだったからめちゃくちゃ楽しみなんだけど!》

《柴咲コウも与那国島で撮影するんだろうか。現地の人がうらやましいな》

《メチャクチャ楽しみ!たけひろくんは同じ子で見たいけど無理かな?あの子の大きくなった姿見たい》

主演の吉岡より多忙

第1期の平均視聴率が19.0%、第2期は22.4%を記録した同作は、吉岡の代表作となった。特に第2期の初回視聴率は「木曜劇場」初回視聴率の歴代最高記録となり、最終回の視聴率も2006年の連続ドラマ最終回視聴率1位と大ヒット。早くから映画化の話も浮上していたという。

「いざ映画化となった際にネックとなったのは、主演の吉岡ではなく、柴咲のスケジュール調整だったそうです。どちらかと言えば、柴咲の方が多忙でしたからね」(芸能記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル