top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】Ghost like girlfriend、3年ぶりアルバムにリベンジと変化「コミュニケーションをしたい。音楽を通してわかり合いたい」

BARKS


シンガーソングライター/トラックメイカーの岡林健勝によるソロプロジェクトGhost like girlfriendが6月8日、およそ3年ぶりとなるフルアルバム『ERAM』をリリースした。“認めてもらいたい”という野心を込めた1stフルアルバム『Version』リリース後にコロナ禍に突入し、徹底してひとりで暮らすということをテーマに過ごしていたという岡林。ひたすらにひとりを過ごすなかで浮き彫りになったのは、“ひとりで大丈夫でありたい” “人に会いたい”という思いだった。

◆Ghost like girlfriend 動画 / 画像

新曲にしてアルバムタイトル曲「ERAM」は「“Eat Ramen At Midnight”の略称で、“夜中にラーメンを食べる、そういう人生のダイジェストに残らないような些細な事ばかりに生かされてるよな”と思って作った楽曲です」とのこと。「いろんな事があり過ぎて一向にやるせなさが消えない毎日ですが、そんな中にも本当に微かに、でも確かにキラッと光る瞬間が、思えばわりとあったような気がして、それらひとつひとつが曲になって今回アルバムになりました」とはGhost like girlfriendのコメントだ。

自分の弱さ、できなさ、やるせなさ、全てを認め、音楽を介して他者とのコミュニケーションを渇望する彼が、3年で地道に向き合ってきた自身の変化、そしてその変化を昇華した『ERAM』を語る。

   ◆   ◆   ◆

■手段としての音楽ではなく
■必要だから音楽を選んでいる

──およそ3年ぶりのアルバム『ERAM』がリリースされましたが、まず、アルバムを作り終えていかがですか?

Ghost like girlfriend (以下GLG):めちゃくちゃナーバスです。3年前に出した1stフルアルバム『Version』は、“認めてもらいたい、もっと知られたい”という気持ちが強くて、その時の等身大の自分を出すというより、自分の理想を曲にした感じだったんです。つまり、これから手に入れていきたいものを具現化していた。でも、今作は今の自分の根っこから生まれた曲たちで構成されているので、これが受け入れられないと、僕自身が全否定されることになるんじゃないか、という恐れがあって。

──作品を受け取ってもらったあと、それが岡林くん自身にどう返ってくるかという恐怖感?

GLG:そうですね。なおかつ、今作は“これは自分以外の人も抱えていそうだな”という気持ちを優先的に曲にして作っていったんです。だから、アルバムを通して“それ、あるよね” “わかるよ”とか、コミュニケーションが生まれて欲しい。もっと言うと、コミュニケーションが生まれなかったら、失敗とまではいかないけど、自分のセンスを疑いの目で見始めそうな気もしていて。だから、“一か八か”感が前作よりも強いです。そういう意味でも、繰り返しになりますが、非常にナーバスになっています(笑)。

──『Version』では、もっと知られたいという思いがあったそうですが、自分の理想を形にするということが叶った実感はありましたか?

GLG:想定した形通りの作品にはできたので、完成直後は手応えがありました。ただ、世に知られたいということが実現したかというと、正直、その手応えほどではない結果だったと思います。だから、自分のなかでの評価としては(○でも×でもなく)△ですね。そういう意味でも、作りたいものを作って、欲しい結果を手に入れるリベンジとしての今作でもあったりします。



──前作に比べて今作は、自分以外の誰かの存在を感じさせられる曲がすごく多いと感じていたので、今のお話を伺って納得しました。コロナ禍での孤独感があったのかなと想像しつつも、なぜこんなにも他者への欲求がベースにあったのか疑問だったのですが、前作で叶えたいことが叶い切らなかったこととも地続きになっているんですね。

GLG:それもありますし、今作の制作期間、まあ人に会わなかったので孤独感はあると思います(笑)。アルバムを作るぞとなって、2021年4月から7月くらいにかけて、「Rain of 〇〇〇」「面影」「音楽」の3曲ができて。そこから8月末に「Flannel」ができて、9月半ばくらいから外部のアレンジャーさんにも入ってもらい、ようやくアルバム制作が本格的に始動したんです。アレンジャーさんに入ってもらうまでの5ヶ月間は、ひたすらデモだけを作っていて、本当に2〜3回くらいしか人に会っていませんでした。

──その期間はどのように過ごしていましたか?

GLG:基本的に夜中12時から朝6時まで近所の川沿いをずっと散歩するみたいな生活が続いていました。ひとりの時間が長くなると、昔のことを振り返る時間も増えていって。“俺はあの時どうしたら良かったのかな?”っていうことを考えていくと、一方通行のコミュニケーションだったり、そもそもコミュニケーション不足だったからうまくいかずに、“あの時こう言ってあげられたら良かったな”とか“こう言って欲しかったな”って後悔したことが圧倒的に多かったと気づいたんです。そのうえで音楽を通して何をしたいのかを改めて考えた時に、“こういう気持ちあるよね”っていうことを音楽として形にして、それを聴いた人が何を思うのかを知りたいと思いました。それを受けてまた新しい曲を書いて、また受け取ってもらって……っていうコミュニケーションをしたい。音楽を通してわかり合いたいんですよ。

──逆に1stフルアルバムの時にはどういう思いがあったのでしょうか?

GLG:1stフルアルバムでは、自分の理想、そして理想と現実の間にあるものを形にするうえで、“自分の込めた気持ちが通じて当然でしょ”っていう驕りみたいなものがあったと思います。でも、どれだけ強い気持ちだとしても相手のなかになかったら共鳴はない。やっぱり共鳴やコミュニケーションがしたいんだってことに気づいたんです。だったら、その可能性を上げる作業をして作品を作りたいなと思いました。だから、自分が持っている気持ちのなかで、他の誰かも持っていそうな気持ちをピックアップして形にしていきました。


──今作を制作しているなかで、驕りがあったということに気づいたのですか?

GLG:1回目の緊急事態宣言中かな。『2020の窓辺から』というEPの制作を始める前。当時、ライブやリハがなくなったこともあったのですが、初めてぶっ通しで自分の曲を聴かなかった2〜3ヶ月があって。その頃「EPを作りますか?」って話が出始めて、久々に自分の曲を聴いたんです。空白期間があったので、初めて客観的に聴けたんですけど、自分のたどり着きたい場所や言いたいことばかりが先行しているように感じました。もちろんそんなつもりで書いたわけでは絶対ないけど、良くも悪くも野心的で、“こいつ、30歳で幕張メッセに行くためにこの曲を書いてるな……”みたいなことがよぎる曲が羅列してる感覚になったというか。やっぱり、手段としての音楽ではなく、必要だから音楽を選んでいるという聞こえ方になって欲しいし、緊急事態宣言中はみんな人と会えていなかったわけだから、一方通行ではなく気持ちを通わせ合えるような曲を作りたいという意識が生まれたんですよね。そのマインドの変化が『2020の窓辺から』というEPに反映されているのですが、今回はそれがより色濃くなっている感じ。もっと人と通い合いたい、もっと人と会いたいという気持ちが強くなっていきましたね。

──人への問いかけやShall we的な歌詞も多いなと思うと同時に、“どうか忘れないで”とか“似ていただけ”など記憶も詰まっている印象があります。岡林くんは人と会えないなかで、どんな記憶や思い出を振り返りながら曲を書いていましたか?

GLG:たとえば、さっき話した夜の散歩をしていると、人がいないながらもやっぱり何人かとすれ違うんですが、そのすれ違った人の普段の暮らしや営みを想像したりしていました。あとは、自分の半径5m内で起こったことを詩的な表現に言い換える作業をすごくしましたね。春先に「面影」を作っていた時、カーテンを閉め忘れて冬用の布団で寝て、直射日光で汗ばみながら起きたんですよ。その様子をどこか俯瞰している自分がいたんですけど、第三者視点で見た自分を他の登場人物に変えるだけでちょっとドラマチックに見えるなって思ったんですよね。


──一人称ではなく、客観視することで、リスナーと目線を共有できる感覚もあるんじゃないかなと思います。他にはどんな言い換えをしましたか?

GLG:「光線」の“重く感じたマドラーがコーヒーへ落ちて飛び散って/飛沫が目に飛び込んだら涙が溢れた”っていう歌詞は、アルバムのキャンペーンで訪れた地方の空港での出来事が元になっています。フライトまで時間があったのでうどん屋に入ったんですよ。当時、寝不足だったのでかなりうとうとしていたのですが、うどんが来てフライトの時間も迫ってきて急がなきゃと思った時に、手に取った割り箸が鉛のように重く感じて、出汁のなかに落としちゃったんです。それで飛び散った出汁が目に入って正気を取り戻して。

──出汁もコーヒーに言い換えると、ここまで変わるんですね(笑)。

GLG:自分のいたたまれないダサい出来事を、登場する人や物を変えることでうまく華やかに転用する、みたいな(笑)。人と会ってないぶんエピソードがまったく生まれなかったので、そういうふうに実際に起きたことをリユース/リサイクルしていかないと回っていかなかったんです。こういうちょっとしたことに敏感になったのは、やっぱり人と通い合いたいという思いでアルバムを作ろうと思ったからかなと。しょうもないことでも人と話す口実を作りたかったんですよね。“いつか話そう”って思っていても、その“いつか”の作り方がわからなかったし、うどんの出汁が目に入った話の鮮度って3日くらいだと思うんですよ(笑)。でも、曲のなかだと寿命が半永久的になる。やっぱり人と話したいって気持ちから作品が生まれたんだなと思いますね。

◆インタビュー【2】へ


■自分がいかに足りない人間かということを
■あらゆる場面で自覚していくという作業

──緊急事態宣言中は特に人と物理的に距離を取らないといけなくて、ひとりで生活せざるを得なかったですよね。だからこそ、些細なことに対してすごくしんどくなってしまった人もいただろうし、逆に“ここをちゃんとしたらいいのかも”と気づいて生活に立ち返った人もいたと思うのですが、岡林くんはどうですか?

GLG:僕はすごく生活というものに立ち返っていた気がします。同時に、それまでは楽しさを生むことを人に頼っていたなと気づいたので、徹底してひとりで暮らすということをテーマにして、ちゃんと三食ごはんを食べるとか、改めて楽しみながらラジオを聴くとか、ひとりの時間をどうやって誰かの存在なしでも楽しくできるかをすごく考えていたんですよね。僕はマネージャーがいないですし、さらにコロナで誰にも会わずに過ごすことを余儀なくされて、“自立したい、自立しなきゃ”と自分に言い聞かせていました。ちゃんとひとりで全部できると思っていたんですけど、やっぱりひとりには限度があるし、全部ひとりは無理だなって。頼るところは人に頼って、ちょっとだけルーズにならないとって気づきました。でも、ひとりで暮らしたからこそ、身の回りで起きたことを形にできたと思いますね。

──つまり、理想を突き詰めて形にした1stフルアルバムから滲み出てしまっていた驕りやプライドが、ある種崩れていった感じでもあったのでしょうか?

GLG:そうですね。崩されたし、自分でも崩しにかかりました。一度、自分のなかを更地にして今作を作りましたね。1stフルアルバムはどこかでカリスマになりたいって気持ちがありましたけど、“その器じゃない”って自覚しないと、どんどん等身大の自分と理想の自分が遠ざかっていく。理想の自分のみを形にし続けると、“果たしてこれは俺なのか?”っていう作品ができあがっていくだろうし、それは違うなって思ったんです。だから、自分がいかに足りない人間かということをあらゆる場面で自覚していくという作業を2019年の後半からやっていました。理想よりも、素の自分と音楽を近づけていく作業をしなきゃいけないなと。



──自分のプライドや驕りに向き合って、しかもそれを崩していくとなると、結構しんどいと思いますし、ましてやその姿ってあまり人に見られたくないじゃないですか。だから、より人と距離を取ったり、人嫌いになってもいいものの、よくここまで人を求める歌詞が書けたなと。

GLG:やっぱり自立したいと思ったことが大きいですね。そのためには自分を更地にしなきゃいけなかったし、カッコ悪くなれるタイミングとしてはここしかなかったと思います。まだ終わりきっていない作業だから、相反する気持ちもやっぱりあるんですよね。人といたいという気持ちと、ひとりでも大丈夫でありたいという気持ちが同居しているのもそうです。ありきたりな表現ですが、孤独に酔いしれたり、傷ついている自分に酔いたいみたいな感覚が昔からあって。しっかり向き合ってる感があるし、作品のネタにもなりやすかったりもするので、自分がどういうふうに傷ついているかを分析することが、ある種自分の仕事でもある気がします。でも、ここ2〜3年それをやりすぎて疲れてはいるかもしれないです。

──岡林くんには、自分のことをメタで見ている視点があるなと思うのですが、傷ついている実在の岡林くんと、それを見ているメタ岡林くんがいることによって、それこそ1stフルアルバムの時に感じたように自分自身がバラバラになるような感覚はないのですか?

GLG:意外とそういう感じはしなくて。明らかに傷ついているなっていう時は逆に俯瞰しないとやってられない時もあって。ライフハックとしての俯瞰というか(笑)。

──そういう目線の違いや意識の変化が、今作だと8曲目の「Midnight crusing」から出ていると思うんです。ここから明確にアルバムの雰囲気が変わりますが、それはなぜでしょう?

GLG:まず6曲目の「音楽」以降は明確に他者が出てくる曲になっているんですよね。流れが変わるという意味で言うと、「音楽」の“ねぇ もうずっと譲って来たし そろそろ良いでしょ”っていう歌詞から、“自立しなきゃ”みたいなところからちょっと解放されるみたいな。次の「Highway」はお互いヘコんでるから気晴らしにドライブでも行きますかって曲になっていて。で、「Midnight crusing」は“自立しなきゃ”から解放された、もうちょっと人に迷惑かけてもいいよねっていうルーズさのピークにきている感じです。

──なるほど。

GLG:自分の作家性として、一見暗いムードじゃない曲でも、センチメンタルや闇みたいなものが絡んでいて欲しいと思っていて。それをどこまで小規模に落とし込めるか実験した曲でもあります。今まではAメロ、Bメロ、各セクションに闇がないといけないと自分に課していたのですが、それをミニマムにしても作家性を担保できるんじゃないかと思って。だから、“せめてどこまでも優しい時間にしようよ”っていうサビの“せめて”というたった3文字だけで、この曲の裏側にある暗さとかやるせなさみたいなものが出てたらいいなと。この3文字に闇を閉じ込めることを意識して、あとは風通し良く、景気良くいきたいなって。そういう実験もあって、アレンジもどんどん華やかになっていきました。


──4月半ばにアルバムが完成して、親しい人にはすでに聴いてもらったと伺いました。周りの反応はいかがですか?

GLG:感想をいただくと、“人恋しさ”みたいなワードが必ずついて回るんです。人に会えない抑圧された気持ちが知らず知らずにすごく出ていると思うし、自立したいとは言いつつも“ひとりでもやっていけます”とか“僕は強いです”って最後まで言い切れなかった。でも、言い切れなくて“実は”っていうことが漏れ出たからこそ、人恋しさや人懐っこさがアルバムに出てくれたんじゃないかなと思います。

──いい意味で身の丈を知ったからこそ、リアルに共感できる言葉が並んでいると思うし、それが人恋しさや人懐っこさに繋がっている気がします。

GLG:身の丈は確かに思い知る瞬間がたくさんありました。だからこそ自分の限界もわかってきました。これからはあまり背伸びしなくなると思います。これまで目指していた理想に対して、自分を更地にしていく過程で折り合いをつけられたから、きっとここから楽になっていくんだと思います。

──このアルバムを通して、どんなコミュニケーションをしたいですか?

GLG:とある作家さんが、「自分の書いた本をどう受け取って欲しいか?」っていう質問に対して、「椅子に読者をぐるぐる巻きにして縛って、顔と顔を突き合わせて唾を吐きかけるくらいの距離で、書いたことがそのままの意図で伝わって欲しい」みたいなことを言っていたんです。前は僕もそうだったし、そのためにはカリスマ性があって、理想を形にしないといけないと思っていました。でも今はもう、聴いてもらえたらいいやって。一対一で正座して向き合うように聴いてもらってもいいですし、BGMでも、“なんとなくいいな”って聴いてもらってもいい。僕が求めていたのはコミュニケーションということだから、どんな形でも聴いて欲しいと思っています。

取材・文◎飯嶋藍子



2ndアルバム『ERAM』

2022年6月8日(水)発売
UPCH-20621 ¥3,300(税込)
01. ERAM
02. 光線
03. laundry
04. Rainof○○○
05. 面影
06. 音楽
07. Highway
08. Midnight crusing
09. Birthday
10. Flannel
11. マリアージュ

▼アルバム『ERAM』配信情報
iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyなどの音楽配信サイトにて配信中
https://lnk.to/glgeram

■<Ghost like girlfriend弾き語り単独公演 「雨、雨、雨」>

7月17日(日) 下北沢SPREAD
open16:00 / start17:00
8月19日(金) 名古屋KDハポン
open18:00 / start19:00
8月20日(土) 大阪cafe Room
open16:00 / start17:00
▼チケット
¥3,800(税別) +1ドリンク
【オフィシャル先行受付(抽選)】
受付期間:6/8(水)20:00~6/12(日)23:59
https://eplus.jp/ghostlikegirlfriend/

関連リンク

◆Ghost like girlfriend オフィシャルサイト
◆Ghost like girlfriend オフィシャルTwitter
◆Ghost like girlfriend オフィシャルInstagram
◆Ghost like girlfriend オフィシャルYouTubeチャンネル

◆インタビュー【1】へ戻る

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル