top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

間宮祥太朗“剛”、難破家崩壊の危機でトレンド1位…ファン涙止まらず「家族愛、友情、夢、全部あった、なにこれ号泣」<ナンバMG5>

WEBザテレビジョン

間宮祥太朗“剛”、難破家崩壊の危機でトレンド1位…ファン涙止まらず「家族愛、友情、夢、全部あった、なにこれ号泣」<ナンバMG5>

間宮祥太朗主演のドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第9話が6月15日に放送された。剛(間宮)がヤンキーと普通の高校生という二重生活を送っていたことが兄・猛(満島真之介)にバレて、史上最悪の兄弟ゲンカが勃発。難破家が崩壊の危機にある中で、さらに剛が白百合高校に乱入してきた不良たちにボコボコにされるという衝撃の展開に。視聴者は感情を揺さぶられて涙が止まらず、Twitterのトレンドランキングは1位だった。 (以下、ネタバレが含まれます)

■兄弟同士が殴り合う最悪の事態に
小沢としおの漫画「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化した本作。10代の頃に千葉最強のヤンキーと恐れられた父・勝(宇梶剛士)、元レディース総長の母・ナオミ(鈴木紗理奈)の元で育った難破家の次男・剛(間宮)が、ケンカの英才教育を受けた後に“普通の高校生の青春”にあこがれて白百合高校という普通の学校に入学するというストーリー。

第9話はこれまで見続けてきた視聴者にとって重要な回となった。剛が家族に内緒で“普通の高校生活”を送っていることが、元関東完全制覇を果たした兄・猛にバレてしまったのである。

美術部の部長として絵を描くことが好きになった剛が、美大に進学したいことを決めて、進路希望書に書いたことがきっかけ。その紙を偶然見た猛は、これまで怪しいと思っていた弟への思いが爆発し、剛に直接尋ねた。「今夜言おうと思っていた」と話す剛の言い分も聞かず、猛は剛をぶん殴った。伍代(神尾楓珠)と大丸(森本慎太郎)が駆け付けたときにはもう、ブチ切れた猛は止まらず。「オレの大事なツレ殴ってんじゃねーよ! 誰が強ぇとか弱ぇとかよ、興味ねーんだよ! オレは兄ちゃんと違ぇーんだよ」と剛も応戦。兄弟が殴り合う最悪の事態になってしまった。

■剛が家族に気持ちを分かってもらえず涙を流す
難破家に帰ってきた剛と猛の様子に、勝とナオミもただならぬ空気を感じる。剛は「ごめん…オレ高校入学してから今日までずっとうそついてた」と頭を下げて事情を話したが、父と母、兄は剛がうそをついていたというショックで家族はすれ違ってしまった。

剛は「オレ自分の行きたい学校行っただけだろ」「オレだってよ! 好きでこんなうそついたんじゃねーよ。全国制覇とかくだらねーことばっか言いやがってよ、こんな家に生んでもらって迷惑なんだよ!」と言い放ち、泣きながら家を出て行くことになってしまった。

その後は伍代の家で過ごしていた剛だが、バイト中に“猛の弟”であることを不良集団に絡まれ、白百合高校に不良が乗り込んでくるという事態に発展。剛がどんなに線を引こうとしたところで難破家の次男という運命は避けられないという皮肉さが切ない。校内では決して袖を通すことのなかった特攻服に身を包み、不良たちとボコボコに殴り合うことになってしまった剛は、警察に捕まってしまったのだった。

SNSには「どうしちゃったんだろってくらい泣いた」「誰も悪くないのにズレていく家族に号泣」「誰かーー涙!! 剛を救ってあげて」など、涙が止まらない視聴者の声があふれた。「家族愛、友情、夢、全部あった、なにこれ号泣」「ナンバ、単なるヤンキードラマとして見た私がばかだった」「人をぶん殴るシーン以外、道徳の授業で見せた方がいい(不可能)」など、血だらけで無骨で手荒なヤンキーたちから学び取ることの多さに感動する人も多いようだ。

次週、最終話は6月22日(水)に放送される。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル