top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「純粋悪」と指にタトゥーを入れた警察官が解雇される

カラパイア


 アメリカのオハイオ州シンシナティ警察署は、両手の指関節部分に「Pure Evil(純粋悪)」とタトゥーを彫った警察官男性を解雇したことを発表した。

 彼が属していた部署では、2013年より、不快な意味を示すタトゥーや顔や首など露出する部分のタトゥーを違反行為としていた。

 にもかかわらず、50歳のその警察官は、新たにタトゥーを入れ続けていたという。警察のイメージを損ない国民の信頼を失うという理由で処分を下したようだ。

 「純粋悪」とはそのまま日本語にすると、一点の濁りも無い悪を意味するが、本人は、「善と悪の間の闘い」という意味で入れたと主張している。




Officer fired from Cincinnati police for getting ‘pure evil’ tattoo on his hands

指関節部分に「純粋悪(Pure Evil)」とタトゥーを彫った警官

 オハイオ州シンシナティの警察官、エリック・ウェイダ(50歳)は、今年4月下旬に解雇処分となった。その主な理由は、両手の指関節部分にPure(純粋な)Evil(悪)と彫られたタトゥーだ。

 2006年から警察官として勤務を始めたウェイダは、既に体の広範囲におよぶタトゥーをしていたという。

 当時はそれでも採用となったが、2013年にウェイダの所属する部署が規則を更新し、顔や頭、首または手にタトゥーのある警官志願者は失格にすることを決めた。

 それと同時に、今いる警察官の場合、既存のタトゥーは免除となるが、新たに取得すると処罰の対象となることも発表されていた。

 ところが、ウェイダは禁止されてからも、不規則な幾何学的パターンのタトゥーを入れたり、去年には指に「純粋悪(Pure Evil)」と彫ったことから、警察は規則を無視したウェイダに対し厳しい処分を下すことにした。

純粋悪の意味は?

 調査によると、ウェイダは体のほとんどをタトゥーで覆っていたという。

 「純粋悪」という文字を入れた理由は、自身が純粋な悪であるという意味ではなく、「善と悪の間の闘い」を象徴したものであると述べ、「自分にとってはただタトゥーではない、言葉そのものに意味がある」と主張したそうだ。

警察のイメージを損ね、国民の信頼を失うと警察

 ウェイダは、指のタトゥーという違反行為以来、公衆への露出を制限するための一時的措置で、連邦押収所への内勤に移されていたという。しかし、その部署でも市の業者から苦情を受けていた。

 更には、身だしなみや服装なども、一貫してウェイダは「改善の必要性」の評価を受けていたようだ。

 一方で、ウェイダは過去に捜査スキルと銃で武装した容疑者を逮捕したことで表彰を受けたこともあると報告されている。

 だが結果的に解雇処分が下された。

 同署のクレイグ・グレゴワール警視は、このように述べている。
純粋悪(Pure Evil)などというメッセージのタトゥーは、一般の人には敵対的だと認識される可能性があります。

非常に簡単に言えば、警察官の手は挑発的なメッセージを伝えるものではなく、安全と保護の象徴とみなされるべきなのです。

彼のタトゥーは継続的かつ永続的な違反であり、同署のイメージダウンにつながり、国民の信頼を損ねるものんです
 しかし、ウェイダは「指に入れたのは悪い決断だったが、後悔はしていない」と話しており、解雇を不当として現在警察組合に苦情を申し立てているという。

 なお、警察組合はこの件についてのコメントを未だ発表していないということだ。

 というか、すごく目立つ指の部分にその感じでタトゥーを入れちゃったら、警察官というよりは、ギャング寄りに見えるわけで、アメリカであってもアウトだったようだ。

References:Cincinnati police officer fired for getting ‘pure evil’ tattoo / written by Scarlet / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル