top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

掛布雅之が明かした「ドラフト前の2軍練習参加」でスカウト部長にかけられた言葉と「驚きの入団理由」

アサ芸プラス

×

 阪神タイガースの4番を務め、1985年には球団史上初となる日本一に貢献した掛布雅之氏。「ミスタータイガース」が阪神入団のきかっけとなったドラフト会議(1973年)では、意外にも6位という低い指名順位だった。

 掛布氏がYouTubeチャンネル〈掛布雅之の憧球【公式】〉で語ったところによると(2022年6月5日)、実は高校3年時の10月、つまりドラフト前に学校を10日ほど休み、阪神の2軍練習に参加していたのだという。

 ところがプロ選手たちを前に、食事ひとつとっても居心地の悪さがあり、

「早く帰りたくてしょうがなかった」

 ところが練習最終日、スカウト部長から入団の意思を問われ「もしかして、プロに入れる!?」と、帰りの新幹線でワクワクする気持ちを抑えられず。一方では、

広告の後にも続きます

「選手の方たちの体は大きいですし、肩の強さだとか全てにおいて、ボクはもう子供だなと思いましたので、こんな大人の世界に入ってやっていけるんだろうかと」

 それでもこのチャンスを逃すまいと、プロ入りの意向を固めたのは、

「野球をやりたいという憧れもあったんですけど、大好きな野球を『辞めたかった』。(中略)プロでダメだと言われるのであれば、大好きな野球に対して諦めがつくんではないかなと」

 入団時、身長167センチだったという掛布氏の背中がその後、こと打席で大きく見えたのは、覚悟と努力の積み重ねによるものだったのだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル