top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シェク・カネー=メイソン、ジャンルの垣根を超えた“歌”をコンセプトにしたAL『Song』9月9日(金)発売

BARKS


新進気鋭のチェリスト、シェク・カネー=メイソンの新作『Song』が2022年9月9日(金)にリリースされることが決定した。

◆シェク・カネー=メイソン 関連動画&画像


シェク・カネー=メイソンは、17歳でBBCヤング・ミュージシャン賞を受賞。2018年、19歳の時に世界中で30億人が見守る中、英国王室ヘンリー王子とメーガン・マークルのロイヤル・ウェディングで演奏して世間の注目を集めた。その後、2016年11月にはチェリストとして史上最年少でDECCAと専属契約。2020年にリリースされた『エルガー』は全英アルバムチャートの第8位に初登場し、21歳でTOP10入りを遂げた初のチェリストとなった。

今作は、ジャンルの垣根を超えた“歌”をテーマに、シンプルな民謡から、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ストラヴィンスキーなどのクラシック作品、ジャズの名曲、そして彼自身が作曲したオリジナルのポップソングを通して、チェロの美しい歌声に焦点を当てたアルバムとなっている。多彩なスタイルを弾きこなすシェクのチェロの音色は、シェクが様々なジャンルからインスピレーションを得ている音楽家であることを物語っている。

また、このアルバムではソロ演奏だけでなく、家族や友人たちとコラボレーションをしながら、コンポーザー/アレンジャーとしての姿もみせている。エラ・フィッツジェラルドが録音したことで有名な「Cry Me a River」(クライ・ミー・ア・リヴァー)では、友人のジャズ・ピアニスト、ハリー・ベイカーとの即興演奏を披露。また、親友のシンガーソングライター、ザック・エイブルと作曲したオリジナル・ポップソング「Same Boat」(セイム・ボート)も収録。中でもシェクのお気に入りは、3台のチェロのためにアレンジを手掛けたウェールズ民謡「Myfanwy」(ミヴァンウィ)。シェクはこの曲について「幼少期のほとんどをウェールズに住む祖母と一緒に過ごしたので、この曲は物心ついたときから知っている、思い出深い曲です。」とコメントしている。

アルバム『Song』から先行トラックとして、本日、ウェールズ民謡の「Myfanwy」の配信がスタート。同曲のミュージック・ビデオは本日18時にYouTubeでプレミア公開となる。


また、シェクは日本時間6月12日(土)午前1時にイギリスのトラファルガー広場で行われる「2022 BMW Classics」野外コンサートに、指揮者サー・サイモン・ラトルとロンドン交響楽団と出演する予定。このコンサートは無料で全世界ライブ配信される。


『Song』 

2022年9月9日 (金)
詳細・先行配信はこちら▶ https://classic.lnk.to/Sheku_songPR

■曲目
1.アイルランド民謡:ダウン州の輝ける星(カネー=メイソンによるチェロ編)
2.J.Parry:ミヴァンウィ(カネー=メイソンによるチェロ編)
3.ララバイ・フォー・カミラ(カネー=メイソンとハリー・ベイカーによるチェロ&ピアノ編)
4.ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第1番 W246より前奏曲(モヂーニャ)(Parkinによるチェロ5重奏編)
5.ベートーヴェン:『魔笛』の「恋人か女房があればいいが」の主題による12の変奏曲 作品66
6.メンデルスゾーン:無言歌集 作品62より第1番:Andante espressivo
7.メンデルスゾーン:無言歌集 作品109
8.マスネ:エレジー(声楽、チェロとピアノ編)
9.ストラヴィンスキー:ロシアの歌(Markevitchによるチェロ&ピアノ編)
10.J.S.バッハ:甘き死よ来たれ BWV 478(カネー=メイソンによるチェロ5重奏編)
11.メシアン:世の終わりのための四重奏曲より第5楽章:イエスの永遠性への賛歌
12.J.S.バッハ:コラール《来れ、異教徒の救い主よ》 BWV 659(カネー=メイソンによるチェロ4重奏編)
13.クライ・ミー・ア・リヴァー(チェロ&ピアノ編)
14.フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン(Parkinによるチェロ二重奏編)
15.エドマンド・フィニス:プレリュードI
16.エドマンド・フィニス:プレリュードII
17.エドマンド・フィニス:プレリュードIII
18.エドマンド・フィニス:プレリュードIV
19.エドマンド・フィニス:プレリュードV
20.セイム・ボートv21.小さな願い(カネー=メイソンによるチェロ編)

◆シェク・カネー=メイソン オフィシャルサイト

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル