top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

優勝はKO-YA & YuI!! DOUBLE DUTCH ONE’S FINAL 2022 Report

FINEPLAY

×

遂にこの日がやってきた――。2人にとっては待ち望んだ景色であり、悲願だった。
2022年 6月5日(日)、横浜赤レンガ倉庫で開催された「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL」。その中で開催されたダブルダッチの“個人戦”である「DOUBLE DUTCH ONE’S FINAL」にて、KO-YA(MEN’S SECTION)とYuI(WOMEN’S SECTION)が悲願の初優勝を果たした。

 

“ONE’S”とは

3人以上のプレイヤーを要する「ダブルダッチ」だが、縄を回す2名のプレイヤーを固定し、ジャンプするプレイヤー1名の技量のみを比較し競い合うのが、この“ONE’S”(ワンズ)スタイルだ。

今シーズンからトーナメントは2つに分かれ男女別に。戦いは新しい局面を迎え、それぞれのセクションでのチャンピオンを決する。
FINALとなる今回は、各回の予選に出場し、戦績に応じて付与される“ポイント”を稼いだ選手に加え、昨年優勝者のシード権やワイルドカード、更に当日予選の勝者、計18名が結集。

 

WOMEN’S SECTION ——ASUKI vs. YuI

広告の後にも続きます

WOMEN’S SECTIONにはプロチーム「FLY DIGGERZ」のAYUKAや、昨年の学生大会の覇者「Alfred」のhinazoなど、等しく優勝の可能性を秘めたプレイヤーたちが揃い踏み。僅差の勝負は勝敗の行方が審査員たちに委ねられたなかで、決勝に登り詰めたのはASUKIYuIの2人。

提供: DOUBLE DUTCH ONE’S

ともに関西出身の2名。関西シーン、そしてWOMEN’Sシーンをけん引し、過去に数々の女性をなぎ倒してきた“Queen” YuI。迎えるASUKIもダブルダッチ活動を本格化させるべく、昨年から上京。どちらも思いが乗ったムーブを炸裂させたバトルは、決勝戦に相応しい空気感を纏っていた。

YuI / © Kazuki Murata, YUSF

勝てばどちらも初優勝。HIPHOPスタイルをベースとする両者の対決は、“勝利”への執念を感じる、気迫のあるバトルだった。どちらも引けを取らないQueenを決める最終決戦は、フラッグ1票差でYuIに軍配が上がった。

YuI / © Kazuki Murata, YUSF

 

MEN’S SECTION ――KO-YA vs. KEITA JUMPROCK

そしてMEN’S SECTION。計12名が出場するハイレベルなトーナメント戦は、残り1枠を決める当日予選でプロチーム「REG☆STYLE」のKENGOが出場を決めるなど、そのレベルの高さは一目瞭然。実力者でも登り詰めることは相当困難なFINALの舞台で、幾多の猛者を撃破し決勝で相対するのは… “まさか”なのか“やっぱり”なのか、この2人だった。

提供: DOUBLE DUTCH ONE’S

KO-YA 対 KEITA JUMPROCK—— 知る人ぞ知る、実はこの2人は昨年もFINALの決勝戦で激突した2人。同じREG☆STYLEのメンバーとして、この2人には因縁があり、ドラマがあった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル