top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

【インタビュー】オメでたい頭でなにより、アニメ『火ノ丸相撲』ED歌詞の謎を解く

UtaTen

オメでたい頭でなによりって?



日本一オメでたい人情ラウドロックバンド、オメでたい頭でなにより。
赤飯(ボーカル)、ぽにきんぐだむ(ギター&ボーカル)、324(ギター)mao(ベース)、ミト充(ドラム)の5人組。彼らは”オメでたいコア”略して「オメコア」を武器に、日本一オメでたくて汗だくで騒げるバンド。
コンセプトは、一人でも多くの人に「楽しく、幸せに騒げる、底抜けに自由でオメでたいバンド」となるよう精力的に活動中!歌詞には、日常生活、バラエティー、邦楽、洋楽、童謡など様々なものをオマージュし、人々を笑顔にさせる世界観が最高な5人組だ!!

オメでたが好きな『火ノ丸相撲』のキャラ


――2ndsingleの『日出ズル場所』は、アニメ『火ノ丸相撲』のエンディングテーマですが皆さん、『火ノ丸相撲』がお好きなんですよね。

全員:好きです!!


――ぜひ『火ノ丸相撲』の魅力を語ってください!

赤飯:もうね、相撲をする所ですね。

ぽにきんぐだむ:浅いな~(笑)

全員:(笑)

赤飯:なんやかんや王道のスポコンじゃないですか?昨今、ストーリーを捻った漫画が多い中、これだけストレートに熱くなれる漫画を描いてくれる川田先生に感謝やな~と思います。そこに僕は刺さってシンパシーを感じたんですよね。

我々も順調そうに見えるかもしれないですけど、苦汁をなめたりだとか泥水を啜りながらやってきた所もあるんで、自分たちの姿を火ノ丸(『火ノ丸相撲』の主人公)たちと重ね合わせてシンパシーを感じることもあったんです。

だから今回のタイアップっていうのは、すごいきちんと自分たちとリンクしたものに感じるし、そういうものを作れたと思う。最初のアニメタイアップとしては最高の作品です。


――ちなみにお好きなキャラは?

赤飯:ここで火ノ丸って言ったらおもろくないしな~。千比路好きだけどな!

全員:ああ~!!

赤飯:千比路のあの自由な発想が好きだわー。でも火ノ丸好きですよ!

mao:僕は監督の辻桐仁が好きですね。

赤飯:わかる!あの感じぞくぞくするなー!あと、女の子キャラもなんやかんや可愛いんです。


――黒髪の女の子いますよね。

赤飯:います。千鶴子ね。第1話で電車で痴漢にあってる千鶴子を火ノ丸が助けるんですよ。それが後伏線になってるんですけど。

ぽにきんぐだむ:僕は火ノ丸が好きですね。基本的に脳筋キャラが好きなんですよ。主人公の真っ直ぐで、バカっぽくも熱いのがどの作品でも好みなんですよね。


――熱いのがお好きなんですね!ミト充さんはいかがですか?

ミト充:僕は桐仁か小関ですね。

赤飯:あ~いいね~!

ミト充:不器用だけど、いざというときの燃える感じが好きです。

324:僕は千比路が好きです。恵まれた才能はあるんですけど、学生という限られた時間の中で新たな結果を出していくというスタイルや、発想がカッコいいと思います!

――ありがとうございます!リリースされるCDには、火ノ丸盤もあるとの事で贅沢ですね!!


『日出ズル場所』火ノ丸盤
ぽにきんぐだむ:そうなんです。アニメーターの方に書いて頂きました。


――皆さんの姿が、キャラクターとしてジャケットにいらっしゃいますね。

324:これはうちのデザイナーが作ってくれました。

赤飯:うちのデザイナー、ちょー天才なんですよ!

ぽにきんぐだむ:そして火ノ丸が着ている法被は、僕らが着ているやつなんですよ。だから見事にコラボレーションをしているんですよね。

赤飯:素敵でしょ?


――素敵ですね!!

赤飯:しかもこのジャケットを開くと、歌詞カードが漫画見たいになっているんですよ。見たい?今見せてあげますよ!(ここで、赤飯自らのスマホでジャケット写真を見せる)


――おお!すごいですね!とても細かく作られていますね!

赤飯:でしょ?うちのデザイナー天才なんですよ~!!デザイナーが天才って言うたってください(笑)


――いや、本当にデザイナーさん天才です!!!

ぽにきんぐだむ:今配信とかで手軽に買えたりとか、YouTubeで手軽に聴けたりする世の中ですが、うちらCDを買って育ってきた世代なんですよ。CDの良さや物の良さを改めて押していきたいなっていうのがずっとあって。自分の手元に置いていく良さにこだわっています。

mao:ジャケットだけで集めたくなるようなのが欲しいよね。

324:せっかく盤にするんだったら手にとったときの“ワクワク感みたいなのを出したいよね!”ってみんなで話し合っているので、デザインやジャケット周りは特にこだわっています。

『日出ズル場所』はみんなで手を上げて飛べる曲


――楽曲のお話しにいきますが、『日出ズル場所』は作曲が先ですか?

ぽにきんぐだむ:作曲が先ですね。


――普段、オメでたい頭でなによりさんが曲作りをされるときって作曲と作詞はどちらが先になるのでしょうか。

赤飯:ほぼほぼ、曲が先ですね。

324:僕たちの場合の制作フローが、作曲が出来ましたよ!っていう流れではなく、曲のテーマを先に決めてからどんな風な曲にしようか?って話し合ってから、曲作りが始まります。その話し合いが終わってから、僕がそんな風な曲を作るよ!という流れになり作曲に取り掛かっています。


――324さんは作曲をするときに意識したことはありますか?

324:作りたい光景や、ライブでの景色だったりから制作が始まる事が多いんですけど、今回の場合はみんなで手を上げて飛べる曲、のれる曲っていうのからスタートしました。そのくらいのテンポ感を模索していき、EDMのBPM感を参考にしてそのぐらいのBPMで作っていきましたね。

オメでたい頭でなによりっていうバンドがこの曲をやる意味っていう所を考えたときに、ミクスチャーサウンド、ラウドロックのサウンド、和風の要素だったり、自分たちの持ち味を出したいというのと、EDMが詰まっているサウンドという4つの要素を組み合わせて順々に作っていきました。


――そして作詞は、赤飯さんとぽにきんぐだむさんが書かれていますが、歌詞はどのように分けて書いていったのでしょうか。

ぽにきんぐだむ:基本的に自分の歌う所を書いていきました。

赤飯:ここワシが歌って、そこはお前が歌えよ~っていう感じで話し合いながらやっていましたね。ラップの所とかはワシが2行書いて、その後、ぽにきっていう風に代わりばんこに書いています。

ぽにきんぐだむ:サビとかは赤飯が書いてきたものに対して、みんなでディスカッションしていくという感じでした。


『日出ズル場所』の歌詞は、様々な楽曲をオマージュ


――「美味しいちゃんこ作ったおかん」というフレーズがありますが、ここは『火ノ丸相撲』に出てくる猫のキャラクター、ちゃんこを隠して入れていたりしますか?

ぽにきんぐだむ:猫には引っかかってないですね~!

赤飯:『火ノ丸相撲』で火ノ丸のお母さんもいっぱい出てくるんですけど、お母さんへの想いで火ノ丸が相撲をやっている所をすくってあげたかったんで、おかんが火ノ丸にちゃんこを作ったかは知りませんけど、そういう絵があったらいいなという想いでここは書きました。まさか、猫の方で突っついてくるとは~(笑)美味しいパスタ作ったお前っていうの知ってます?


――知らないです!

全員:(笑)

赤飯:某レゲエ4人組の代表曲の一節に「美味しいパスタ作ったお前」っていうのがあるんですけど、それにインスパイアを受けて「美味しいちゃんこ作ったおかん」にしてみたんです!

ぽにきんぐだむ:っていう僕らなりの言葉遊びをしています!


――そんな裏テーマが隠されていたんですね(笑)「都会はまるでコンクリートjungle」というフレーズが出てきますが、これはかなりインパクトありますね…。

全員:(笑)

ぽにきんぐだむ:多分ね、ここにあんま意味はないです(笑)この言葉ってよく言いません?


――言わないですよ(笑)

全員:(笑)

ミト充:俺らの世代には、こういう歌詞が多かったんだよ(笑)

324:俺も最初このフレーズを聴いたとき「これ何?」って思ったけど、手垢だらけのフレーズだなって感じた!

赤飯:俺もそういう意味で使ってた!この歌詞ってありがちなフレーズなんですよ。

324:コンクリートのビルが沢山立ち並んでいるけど、それが密林みたいにジャングルになっているよね!っていう事ですね。

赤飯:80年代後半から使い古されたフレーズですね!僕の趣味が自分の世代よりも上の音楽なんで、40代とかに響くような歌詞ばっかり書いちゃうんですよ。

324:ちなみにこの歌詞だけを見て、都会に生きる人の寂しさや、疎外感が表現されていると思います?

ぽにきんぐだむ:“何言ってんだ!”って思いました?


――ぶっ飛んでいる歌詞だなと思いました(笑)

全員:(笑)

赤飯:単純にぶっとんでるな、という印象なのか~(笑)それでいいんだ!!

mao:その後にくる「わけもわからず羅列英単語」もやばいよね。

324:一行目でそういう感じの雰囲気を出したかと思えば、二行目でわけわかんないよね(笑)

赤飯:「都会はまるでコンクリートjungle」って言ってみたけど、“何言うてんねん”っていう事ですね。やたら今の人たちって英語を並べたがるじゃないですか?だから「jungle」、「英単語」っていう韻を踏みつつ、こいつ(ぽにきんぐだむ)の「バリエーション」、「ナビゲーション」ってなるっていう。

ぽにきんぐだむ:これ、偶然できた歌詞なんですよ!せーので、お互いが歌詞を出したらこういうのが出来た(笑)

赤飯:とりあえず前半の歌詞はジャブを打っているだけで、あんま深い意味はないですね。

ぽにきんぐだむ:ちなみに「バリエーション」はちゃんこのイメージです。ちゃんこって色々な具材も入っているし、そして「like a 土俵」は丸い土俵の事、そのまかないをナビゲーションしますよ!みたいな感じで書いています。ただ、この最初の2行があることによって俺の2行が知恵の浅い奴!みたいになっています…。

全員:(笑)

赤飯:最初の4行で喧嘩してるからな(笑)

mao:しかも声色を変えているので、ラップアーティストみたいな感じになっていますね。

ぽにきんぐだむ:4人組だったら声の細い人、太い人、いい声の人みたいなのっていると思うんですけど、そんな風に見える感じにもなっています。


――これ、赤飯さんとぽにきんぐだむさんが分かれて歌っていたんですね。赤飯さん一人がずっと歌い続けていると思っていました(笑)

赤飯:なんでやねん!!

全員:(笑)

ぽにきんぐだむ:逆に赤飯一人だけの声だと思っていたけど、ライブでは歌い分けてんのや!ってわかるのは新しい発見ですね。

mao:Aメロ聴き流していたけど、こんなに深かったんだ!ってなるだろうね。

「オナカとセナカがくっつくstyle」の秘密


――「オナカとセナカがくっつくstyle」というフレーズも、とても謎が深まるばかりだったのですが…(笑)

全員:(笑)

324:オナカとセナカがくっつくっていうのは慣用的な表現で、お腹が空いたよっていう意味でして。そういうのが書かれてますね!


――あえてカタカタにしたのも意味が?

赤飯:カタカタにすると含みがあるように見えると思ったんです!!

324:逆に「くっつくstyle」をどう感じました?


――うーん…(笑)。

赤飯:なんでクイズ番組になってんの!?(笑)インタビューやろ!

全員:(笑)

324:赤飯、踊ってみてよ!

(ここで赤飯が、「くっつくstyle」を表す踊りをやってみせる)


――わかりました!!

324:元々はダンスミュージックを軸にして曲の構成を考えていたんでBメロとかはEDMっぽいんですよ。サビは言葉を入れてやる構成だったんですけど、歌を入れてみようぜっていう、ぽにきの提案でこういう形にしました。

ぽにきんぐだむ:ああいう音が出てきたらこういう言葉が出てきちゃうよねっていうイメージがあったんです。


他にも色々とネタが隠れてる…?


――「勇気もねぇ?闘志もねぇ?ねぇねぇばっかで馬鹿でねぇ?」はどこかで聴いたことのある言葉のような…。

赤飯:ここわかる?

ぽにきんぐだむ:絶対聴いたことありますって!

(赤飯がこのフレーズがモチーフになっている歌を歌い始める)

全員:(笑)


――わかりました!あの有名な演歌歌手ですね!

mao:サビの合の手の「はっきよいのこった」とかは気になりません?

324:ここもダンスミュージックから拝借しているという事なんですよね。

ぽにきんぐだむ:“EDMの日本人の合の手ってなんだろう?”ってなったらこれだったんですよね。

赤飯:それで最終的には、相撲に結びつけたんです。


――奥深い内容なんですね。

全員:(笑)

赤飯:そんなでもないで!

ぽにきんぐだむ:発想は浅いっすよ(笑)

324:浅いですけど、裏にはちゃんと理由があるんですよね。

赤飯:うちらなりのミクスチャーで、やらせてもらってまっせ!!


――「宿せその目に刃」というフレーズには、どんな意味が込められていますか?

赤飯:これは原作を見てればわかると思うんですが、少年相撲ですぐれた成績を納めている子たちを刀になぞらえて、二つ名をもらうんですよ。火ノ丸なら鬼丸国綱っていう風に。原作のその設定をヒントに戦う意思を、その目に宿しておけよ!っていうのが「宿せその目に刃」の意味ですね。割とまともでしょ?(笑)

ぽにきんぐだむ:アニメにも寄り添いつつ、うちらなりの表現の仕方ですね。


――最後だけめっちゃカッコよく決めにくるんですね(笑)

全員:(笑)

324:そうなんですよ~

ぽにきんぐだむ:まあまあ真面目に書いた方なんですけどね!

赤飯:“最後だけ何すかしとんねん!”って感じですね(笑)

ぽにきんぐだむ:ちなみにうちらの歌詞の作り方で決まり方が出来つつあって、AとかBは遊んでいて良いけど、サビはちゃんと言いたい事を言おう!パートごとによって遊んで良いレベルを考えていますね。


――「Hey!!you!!」の後の楽器隊の皆さんのソロがとても見せ場だと感じました!maoさんのスラップもかっこよすぎますね!

mao:ありがとうございます!!

赤飯:その前に俺のシャウトやから!!(笑)あれ声じゃないと思った?


――そうでした(笑)いや、赤飯さんの声だとは思いましたがとても長い間シャウトされていますよね!あれはゾクゾクさせられます!!

赤飯:ありがとう!!ちゃんと書いといてな(笑)

オメでたお気に入りのピックアップフレーズ!



――UtaTenは歌詞サイトなので、『日出ズル場所』の中からお気に入りのフレーズを教えてください!

赤飯:そういうのイイね~!!

mao:俺、『サイレンとジェラシー』でも好きな歌詞あるな~

324:僕は『日出ズル場所』の「勇気もねぇ?闘志もねぇ?ねぇねぇばっかで馬鹿でねぇ?」が好きですね。このバンドはラップとかもやっているんですけど、今までのラップの韻の踏み方が一番好きで。1Aのときと違って、楽器を絡めにいってるんですよね。それも含めて歌詞の一体感がグルービーでカッコいいなって思っています。

mao:僕は「終わりはないいつでも越えろ己自身」ですね。ここの歌詞がめちゃくちゃアニメに寄り添っていて。アニメのエンディング尺を考えたときに、最後にこの歌詞が来るのはすごく意味があるなって思います。

赤飯:『日出ズル場所』を聴いていて一番“えっ!”ってなるのは、「具材 煮える 味 染み込んだ オナカとセナカがくっつくstyle」なのでここが好きですね。

ぽにきんぐだむ:僕は「美味しいちゃんこ作ったおかん」ですね!

ミト充:俺はぽんちゃんの「後悔なき大航海 行こうかい もうない残義でHey!!you!!」が好きですね。

赤飯:彼(ぽにきんぐだむ)、畳み掛けが上手いからね~!

ミト充:歌詞とぽんちゃんのやっているラップ全部含めて、好きですね。


――ありがとうございます!先ほどmaoさんが『サイレンとジェラシー』でお気に入りのフレーズがあるとおっしゃっていましたが、いかがですか?

mao:サビの「辞書だけ引いてもわからん!」が好きですね。なんかここだけ引っかかる!この単語がよく出てきたな~って思った。

赤飯:ありがとう!これは自然と出てきた歌詞だったなー。

悶々としている時に生まれた『サイレンとジェラシー』



――ヨロシクと書かずに「シ・ク・ヨ・ロ♡」という歌詞として書かれている所も、ノスタルジックさを感じますね。

赤飯:「シ・ク・ヨ・ロ♡」はバブル期に流行った言葉なんですよね。単純に(女性グループの)ベッド・インと仲良かったから使おうと思っただけかな!むしろベッド・インと仲良くなかったら使っていなかったかもしれません。


――『サイレンとジェラシー』は終始、悶々としている内容ですが、どんなことがきっかけで生まれたのでしょうか?
赤飯:これは夜中に悶々するな~!!!悶、悶、悶、悶、悶!!曲作ろう!!ってなったんです!『サイレンとジェラシー』は去年の秋ぐらいに、既にデモだけ出来上がっていて、そのときは忍者の曲にしようと思って、歌詞も「忍、忍、忍、忍」みたいにしてたんですけど、“なにがおもろいんこれ?”ってなってボツにして(笑)で、今回、忍者の忍から悶々する悶に結びついて最終的に、嫉妬の曲になりました。

ぽにきんぐだむ:back numberさんか俺らかみたいな感じだよ!

全員:(笑)

赤飯:女々しさでは負けへん!!女々しくない?


――女々しいですけど、10代後半から20代前半の女性ユーザーには刺さると思います(笑)

赤飯:ほんまに!?


――「ぼくは偉大な妄想家」というフレーズがありますが、こちらはどういう意味合いがありますか?

赤飯:悪い事とか、考えなくていいような事ばっかり考えてしまう事ってあるやん?それを偉大な妄想家って例えてます。


――最後に応援してくれるファンの皆さんに、『日出ズル場所』をどんな風に聴いて欲しいかとメッセージをお願いします!!

mao:アニメではワンコーラスしか聴けないので、フル尺で僕らの持っている持ち味を3曲通して全部楽しんで聴いて欲しいです!

ぽにきんぐだむ:禁欲したのちに聴いてください(笑)

赤飯:どういうこと!!?(笑)

ぽにきんぐだむ:全部を制限したのちに、このCDを聴いてもらえると深みが増すと思います!

赤飯:我々ふざけ倒したりしていますが、今回はアニメ『火ノ丸相撲』の世界にしっかりと寄り添いながらも自分たちの色をちゃんと出して、100点の着地が出来たと思っています。

『日出ズル場所』は色んな要素が詰まりつつも、きちんとスムーズに聴いてもらえる曲になっていると思います。何回も聴いて楽しんでもらいたいですし、2曲目も熱いし、3曲目はめっちゃ暴れてるし、全部聴いてください!

ミト充:3曲とも聴いてくれたら、共感できる所が何かしらあると思います。皆さんにとっての何かのきっかけになればいいなと感じているので、歌詞を見ながら聴いて頂きたいです!

324:シングルは3曲入りなんですけど、3曲聴いただけで“僕たちのバンドはなんだったんだろう?”って疑問が出ると思います(笑)僕たちが今やれる事を3曲に詰め込んだので、ありのままを聴いて欲しいです。

歌詞とかも色んなオマージュが入っていますが、伝えたいメッセージも100%伝わるようにしっかり書いています。そちらも合わせて見てください!

TEXT:橋本美波
PHOTO:大西基


プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
①UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);

Tweet !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);

【応募締め切り】
10/28 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

TOPICS

ランキング

ジャンル