top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラオス発おしゃれカフェ『Joma Bakary Cafe』【ラオス】

ワウネタ海外生活


北米のオーナーによって、1996年にラオスのビエンチャンで初オープンし、今はルアンパバーン、ベトナムのハノイ、カンボジアまでに展開するおしゃれカフェです。

ローカルな屋台が多く、どこでお腹を下すか分からない危険性があるラオスで、この『Joma Bakary Cafe』は、安心して美味しく食べられるカフェです。

ラオスといえば「ラオコーヒー」が有名です。その中でもジョマのコーヒーは、かなり美味しいです。コーヒー好きの方はぜひ試してみてください。

Jomaでは、様々な種類のケーキが並んでおり、どれも美味しく食べられます。ケーキだけではなく、ピザパンや、シナモンロールといったパンの種類も豊富です。


個人的に『Joma Bakary Cafe』のここは外せない!というところは、トイレです。

ラオスは、トイレがあまり衛生的ではありません。
私がルアンパバーンを訪れた際には、ゲストハウスのトイレが詰まって流れない、トイレの水が溢れ出すなど、トイレ事故が多発しました。
ただでさえ、ラオスの食べ物や飲み物でお腹を下しがちになるのですから、トイレはゆっくりと入りたいですよね。

そんな時に、本当に助かったのは、『Joma Bakary Cafe』のトイレでした…!

トイレが比較的広く、洋風なデザインをしています。清掃もこまめにしているようで、いつ行っても清潔でした。

コーヒーも、ケーキやパンも、トイレも間違いなしの『Joma Bakary Cafe』。
ラオスを訪問し、「日本が恋しいな」と思った際には、ぜひ行ってみてください!

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル