top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】磯山純、音楽プロデューサー小倉良との親密な共同作業で生まれた最新曲「幸せな何かと聞かれたら/MITO!」

BARKS


意外に思える組み合わせだからこそ、そこから生まれる音楽は特別な輝きを持ってリスナーを魅了する。茨城県水戸市在住、地元に根付いた音楽家として人気フェス<I.S.O.FES.>を立ち上げるなど、精力的に活躍するシンガーソングライター磯山純。90年代の松田聖子の大ヒット「あなたに逢いたくて~Missing You~」をはじめ、多くのヒット曲を手掛けてきた音楽プロデューサー小倉良。共に茨城県出身という縁で知り合い、親密な共同作業を重ねてきた二人が送り出す最新曲が、磯山純のニューシングル「幸せな何かと聞かれたら/MITO!」に収められた2曲だ。出会いについて、楽曲について、ライブについて、そして未来の展望について。いつも作業しているという小倉良の自宅スタジオを舞台に、なごやかな語り口の中に真摯なメッセージを込めた、二人のトークに耳を傾けよう。

■「いつか水戸でフェスをやるんで来てください」と
■車の中で寝泊まりしながら全国を回りました

――お二人は、いつぐらいからのお付き合いですか。

磯山純(以下、磯山):3年ぐらい経ちますね。

小倉良(以下、小倉):私が茨城放送の番組をやっているんですよ。それで知り合ったんです。

磯山:最初に番組のディレクターさんが小倉さんに、「茨城で歌っている子をゲストに呼んでもいいですか」と言ってくださって、その方が僕のディレクターさんに話を伝えて、「小倉さんが来てくれって言ってるよ」と言われたんですけど、「それ、本当に僕のことですか?」と(笑)。ドアを開けて小倉さんに会うまで、本当に僕なのかな?と思っていました。

小倉:ここ(東京・自宅スタジオ)で番組を録っているので、「東京まで来てくれますか」と言ったら来てくれたんです。それで、「今度一緒に作ってみる?」という話になった。

磯山:とんとん拍子でした。当時僕は、自分のバンドのバンマスを探していたんです。そういう話を小倉さんにさせていただいたら、「いいよ」と言ってくださって、「じゃあ一緒に曲作る?」「ぜひぜひ」「じゃあアルバムも作っちゃおうか」みたいなことになって、その日のうちに決まりました。


――小倉さんが、彼の書いた曲、歌声を聴いた第一印象は?

小倉:「ああ、こういう音楽をやってるのね」っていう感じですね。でも自分が(プロデュースを)やるなら、自分の感じが入らないとつまらないから、「こういうふうにしてもいいなら、やってみる?」みたいな感じです。

磯山:持って行った楽曲に関して、「ここはもっとこうしたほうがいいんじゃないか」とか、たくさん言われました。

小倉:厳しくダメ出しはしましたよ。1枚目のアルバム(2020年『heartport』)はそうでもないかな。でも「2枚目(2021年『Sing for you』)をやるんだったら、もっと頑張ろうか」と言って、けっこう厳しくやりましたね。

磯山:怒られてるわけではないんですけど。たとえば歌詞も、僕の中では何回もブラッシュアップして、小倉さんにも送ってるんですけど、いざレコーディングでスタジオに着いてから「ここの歌詞だけどさ」って、当日に言われるわけですよ。

小倉:メロディもね。プロデューサーによって正解は何個もあるんだけど、自分がやる以上は自分のやり方でないと意味がないというか、それをやれるかどうかが大事なので。いつも言ってるんだけど、「プロフェッショナルとやるのはそういうことだ」と。「エルメスに行って、グッチみたいなデザインが欲しいとは言わないだろう」と。それは言いましたね。

――それまでって、プロデューサー的立場の方はいらっしゃったんですか。

磯山:もともと二人組でやっていた時には、やってくださる方がいました。小倉さんのプロデュースもされていた、木崎賢治さんという方です。

小倉:木崎さんを知ってるって言われて、びっくりしちゃった。


▲磯山純

――磯山さんにとって小倉さんはどういうタイプのプロデューサーですか。

磯山:僕の勝手な感じ方ですけど、小倉さんはより「音楽な感じ」がしています。歌詞の物語がどうこうというよりは、ミュージックの面が強い方だと思います。

――これまで共同作業で2枚のアルバムを作って、どんな進歩を感じていますか。

磯山:自分で言うことではないですけど、「歌がうまくなったね」とお客さんに言われることが増えました。そう思ってもらえるのはうれしいです。

小倉:もちろん、やったぶんだけ成長していると思いますよ。でもこういうものって、永遠にやらなきゃいけないので終わりはないんです。これからも、どんどん成長してもらいたいなと思います。


▲「幸せは何かと聞かれたら / MITO!」

――そして今回シングルリリースされる2曲も、小倉さんの全面プロデュースですね。しかもそのうち1曲は、小倉さんの作詞作曲という。

磯山:「MITO!」という曲ですね。

小倉:あれはね、ミュージシャン特有のおふざけと言いますか、ある意味、ミュージシャンはみんな好きなんですよ。ふざけてるけど音楽は真面目にやっている、それを一回やってみたらいいんじゃないかな?と思ったので。

磯山:もともと毎週、今は隔週、このスタジオでYouTubeの番組を撮らせていただいてるんですけど、そこで小倉さんが「次はオリジナル曲をやってみよう」と言ってくださって、「曲を作ったから歌ってみないか」と。一番だけできている「MITO!」を歌って、せっかくだから形に残そうということで、フルコーラスで作っていただきました。

――「MITO!」は、最初のほうを聴くと、「あれっ、演歌かな?」と。

小倉:わざとやってるんです(笑)。そこが楽しいんです。なんだこれ?と思って、でもかっこいいのがいいんです。「ダフトパンクよりかっこいいぜ」みたいなね。


▲小倉良

――確かに、曲調ががらりと変わって後半のファンキーな部分は、ダフトパンクと張り合ってますね(笑)。

小倉:「MITO!」は、けっこう悩んだんです。茨城ロボッツ(B.LEAGUE)や水戸ホーリーホック(Jリーグ)など、歌詞にチーム名を出しちゃっているから、文句言われたらどうしようかなと。でも、すぐに確かめてもらったら、水戸の人が水戸を応援する歌だから、二つとも「全然OKです」と言ってくれました。

磯山:僕は茨城ロボッツの応援歌も歌っているので、オーナーさんに連絡させていただいて、聴いていただいたらすぐに返事をくれて、「応援してくれてありがとう」ということだったので。ホーリーホックの広報の方にもご連絡させていただいて、「名前を出していただいてありがとうございます」ということでした。

小倉:良かった。でもそうだよね、ドルチェ&ガッバーナが許されるんだから(笑)。

磯山:ジャンルが違いますけどね(笑)。

小倉:真面目にふざけている、とてもミュージシャン的な歌だと思います。しかも「MITO!」って、磯山くんにしか出せない曲でしょう。神奈川県の人が出す意味はないし。

磯山:そうですね、僕は「水戸の魅力宣伝部長」というものをやらせてもらっているので。もともと二人組で音楽活動をしていて、解散して一度音楽を離れた僕が、もう一回やろうと思ったのは、震災があって茨城が大きな被害を受けたことがきっかけなんです。僕らが高校生の頃は水戸の街に人が溢れていて、友達もできたし、お店の方々と仲良くなることもできたんですよ。それがどんどんなくなって、駐車場ばかりが増えて行って。大型ショッピングセンターができたりもしましたけど、水戸の街に人が来ない状況になっているなと思って、もう一回水戸で、音楽で頑張ろうと思ったんです。

小倉:大変だよね。

磯山:茨城、水戸の観光パンフレットとCDを持って、「いつか水戸でフェスをやるんで来てください」と言いながら、全国を回りました。車の中で寝泊まりしながら。

小倉:偉いよね。なかなかできることじゃない。

――それがのちに<I.S.O.FES.(イソフェス/茨城総合物産音楽フェスティバル)>へとつながっていく。

磯山:そうです。県外の人が茨城に行く動機を作るために、地元の産業やお店を紹介するようなフェスにしたいと思って、まずはそこから始めました。茨城の食と音楽の総合物産展ということで始めたのが<I.S.O.FES.>です。

◆インタビュー(2)へ


■もし自分が歌えなくなったり、いなくなったとしても
■「こんなことを思って生きていた男がいた」というものが残ったらいい

――そしてもう1曲の新曲が「幸せは何かと聞かれたら」で、この2曲がシングルということになりますか。

磯山:そうです。僕の中では両A面です。どっちも必殺技みたいな感じです。

――「幸せは何かと聞かれたら」は、どんなふうにできた曲ですか。

磯山:鈴木貴彦(Piano Bass World)くんというピアニストが僕の友達にいて、彼のライブで曲を作っているさまをお客さんに見てもらおうという企画があったんです。そこで僕を呼んでいただいて、どういう曲を作ろうか?と思った時に…コロナ禍ですごくつらいと思った出来事があって、ヨーロッパのニュース映像なんですけど、お母さんが看護師で、久しぶりに家に帰った時に、小さい子供が玄関に走って来るんですけど、感染のリスクがあるから手を触れることができないんです。離れた距離でお父さんが子供を押さえて、子供は泣きながら「ママ!」と叫んでいる、というシーンを見て…ほかにも、たとえば老人ホームや施設に入所した人とも会えなくなってしまって、死に目にも会えないとか、そういうつらい現実を見ていると、残された側の人が本当につらそうなんですね。そういう人たちに向けて何かできたらいいなと思った時に…亡くなった方は、残された方がずっと元気でいてほしいと思っていたんじゃないかと思って、そういうことを歌える歌を作りたいなと思っていたんですね。


▲「幸せは何かと聞かれたら / MITO!」

――はい。なるほど。

磯山:その日のうちに曲を作る、という企画だったんですよ。それで「こういうことを歌いたいんだよね」ということを鈴木くんに話したら、「ちょっと考えてきたメロディがある」ということで、その場でバーッと作ったのがこの曲です。

――素敵な曲です。思いが伝わります。アレンジも歌詞に寄り添うようにシンプルで、愛情を感じます。

小倉:ありがとうございます。

――という2曲が揃って、どちらも甲乙つけがたいので、両A面としてリリースしようということですね。曲調もメッセージも、真逆と言っていいほどに違う2曲なのが面白いです。

磯山:そのほうがよりシングルっぽいなという感じが、僕の中ではあるんですね。たとえばDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」のカップリングは「嵐が来る」という曲で、“♪私は今にもあなたを殴りそうな手”と歌っているんですよ。「LOVE LOVE LOVE」とはまったく違うんです。僕は90年代、2000年代育ちなので、シングルの2曲はどちらも良い曲でガツン!と行きたいんですよね。両方裏切る感じがあって、でもどっちも良い曲で、そういう感じですね。


▲磯山純

――いろいろな表現の角度を持っているシンガーソングライターですね、磯山さんは。

小倉:そうですね。でも俺的にはちょっと真面目過ぎるかな?と思う。

磯山:あはは。

小倉:ミュージシャンとしては、ね。ミュージシャンは、基本ふざけてるほうがいいと思っているから。ちゃんとしたところはみんな持っていて、それはいつの間にか出ますから。だからいつも崩しています。「磯山くん、硬いよ」って。

――それで「MITO!」を作ってきて、磯山さんに歌わせてやろうと(笑)。

小倉:そういう楽しさを覚えてくれたらいいなと思うんですよ。楽しみながら、でもちゃんと音楽をしている。何も説明しないで、「MITO!」のあとに「幸せは何かと聞かれたら」をパッとやるのがいいんですよ。黙ってやればみんなが感動して拍手する、それが本当だと思うんですけどね。

――この2曲は、もうライブでは披露していますか。

磯山:「幸せは何かと聞かれたら」は、少しずつですね。「MITO!」は一回だけやりましたけど、ワンコーラスしかない時なので、完成版はまだ歌っていないです。振付も考えて、みんなで踊ってもらいたいなと思っています。

小倉:いいですね、その馬鹿馬鹿しさ(笑)。

磯山:振付を「M.I.T.O」にしようと思ったんですけど、ちょっと忙しいので、「M.T」ぐらいにしようかと思っていますけど(笑)。

小倉:衣装は西城秀樹さんばりに、袖の下にヒラヒラをいっぱい付けてね(笑)。それを言ったら嫌そうな顔してたけど。

磯山:…アマゾンか何かで探してみようと思います(笑)。


▲小倉良

――今度ライブをやる東京キネマ倶楽部には、ミラーボールもありますよ。

磯山:そうなんです。ミラーボールもあるし、2階のステージもあるので、いろいろ使えるかもしれない(笑)。

――その、6月11日の磯山純ワンマンライブ、場所は東京キネマ倶楽部。バックを固めるバンドのバンマスは、もちろん小倉良。どんなライブにしたいですか。

磯山:まず、楽しい日にしたいですね。お客さんはいろいろな場所から来てくださると思うんですけど、まだ東京に来ることが不安な方もいらっしゃったり、いろんな事情をお持ちの中で、大切な時間を費やしていただくわけですから。今日も「チケット買いました」というツイッターを見て、「楽しみです」という言葉をもらって、それがすごくうれしかったんです。キャッチボールって、相手がいないとできないじゃないですか。僕にとって、楽曲を受け取ってくださる相手がいらっしゃることがすごくうれしくて、「この人のために頑張ろう」と思わせてくださるので、楽しみに来てくださる方が、より楽しかったなと思ってもらえる日にしたいと思います。派手な衣装を着るかどうかはわかりませんけど(笑)。

小倉:ぜひやってほしいね(笑)。まったくウケなくても面白い。

磯山:着替えの時間がほしいので、5分間ぐらいの小倉さんの超長いソロをやってもらっていいですか。

小倉:ムリムリ!(笑)

――エンタメ的にもお楽しみあり、ご期待ください。ということにしておきましょうか。

磯山:そうですね。でも本当に、エンタテインメントだと思うんですよ。どうしても衣食住のほうが大事だと思うし、音楽はそれを補完するものですけど、心の栄養として大切だと思ってくださる方々が、より元気になって帰っていただくものになればいいなと思います。

小倉:あとは、今の磯山純のすべてを見せるライブにしたいね。

磯山:そうですね。今までずっとやってきたことを、すべて集結させたものをやりたいと思います。

――そして、そのあとは、また<I.S.O.FES.>です。ここ2年はコロナ禍で開催できていないわけですけど、今後復活の予定はありますか。

磯山:そうですね。場所や時期を考えながら、来年はやってみようかなと思っています。

小倉:すごいですよ。なかなかできない。

磯山:言っちゃったんで、やらざるを得ないんですけど(笑)。今後は来年のフェス開催を目指して頑張りたいのと、あとは引き続き自己の成長ですね。ミュージシャンとしてもっと良い曲を書きたい、スキルアップしたいということで、最近本当に思うのは、いつどうなるかわからないということをより強く感じていて、「残したい」という思いが強いんです。自分の作品としてちゃんと形として残しておきたい。自分が歌えなくなったり、いなくなったとしても、「こんなことを思って生きていた男がいたんだ」というものが残ったらいいなと思っています。

取材・文:宮本英夫

リリース情報

Digital Single「幸せは何かと聞かれたら / MITO!」
6月3日(金)Release
各配信サービスへは下記リンクから
◆https://lnk.to/ISOJ-0017

Digital Full Album『Sing for you』
ISOJ-0016
発売中01. サヨナラは2人のレイニーデイ
02. Sing for you
03. 花火
04. Let it be now
05. Special Lady
06. Endless Love
07. 君のかけら
08. Baby I need you
09. 指標
10. 愛がめぐるまで

各配信サービスへは下記リンクから
◆https://lnk.to/JunIsoyama_SFY

ライブ・イベント情報

磯山純ワンマンライブ<Sing for you ツアーファイナル~キャバレーナイトフィーバー~>
6月11日(土)@東京キネマ倶楽部
open : 14:00 / start: 14:45
出演:磯山純 バンド編成 小倉良バンマス

磯山純弾き語りワンマンライブ
<~Birthday Eve Party~>
6月11日(土)@東京キネマ倶楽部
open: 18:00 / start: 18:30
出演:磯山純

各公演のチケットは下記リンクから
◆https://eplus.jp/sf/word/0000056967

関連リンク

◆磯山純 オフィシャルサイト
◆オフィシャルTwitter
◆オフィシャルYouTube
◆DAM CHANNEL

◆インタビュー(1)へ戻る

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル