top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

銀座の100均!ダイソーグローバル旗艦店で防災グッズ買ってみた

防災ニッポン

東京・銀座の商業施設「マロニエゲート銀座2」に2022年4月、ダイソーのグローバル旗艦店がオープンしました。おなじみの100円ショップ「DAISO(以下、ダイソー)」のほか、同社が展開する「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」「THREEPPY(スリーピー)」の3ブランドが1つのフロアに初めてそろい、品ぞろえの良さが話題になりました。そこで店に行って取材し、実際に防災グッズを2000円で買ってみました。何が買えたのかみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!→危機管理産業展2021で発見!これは欲しい個人向け防災グッズ

スタンダードプロダクツやスリーピーって…

「Standard Products」は2021年3月に誕生した300円商品を中心としたブランド。使い勝手や質にこだわった国内産業とのコラボ商品を多く取りそろえ、色数を絞った落ち着いた品ぞろえがインテリアにこだわる方に人気です。

「THREEPPY」は2018年に誕生した300円を中心価格帯とするブランド。2022年4月マロニエゲート銀座店オープンにあわせ”大人可愛い”をテーマにしたブランドに生まれ変わりました。

そんな3ブランドがそろったマロニエゲート銀座店ですが、「防災グッズ」は100円ショップのダイソーに充実しているそうです。そこで今回はダイソーを中心にオススメの防災グッズを紹介してもらいました!

ダイソーの防災グッズの品ぞろえをチェック!

広告の後にも続きます

ダイソーマロニエゲート銀座店の商品点数はなんと約23,000点。中でも、防災関連グッズは他店舗と比べて充実しており、そのラインナップは約60種もあるのだそう。
防災関連商品は「防災コーナー」としてレジ近くの目立つ場所に陳列されています。これまで商品の取り扱いはあったものの、このようにコーナー化されたのはダイソーの店舗では初めてだとか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル