top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【イベントレポート】<POP YOURS>が示した“ヒップホップは現代のポップカルチャー”

BARKS

▲PUNPEE photo by cherry chill will.

5月21日(土)および22日(日)に、ヒップホップフェス<POP YOURS>が千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催された。今回BARKSでは、オフィシャルから届いたレポートを掲載する。

  ◆  ◆  ◆

株式会社スペースシャワーネットワーク主催のヒップホップフェス<POP YOURS>が千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで5月21日と22日に開催された。各日それぞれのヘッドライナーはPUNPEEとBADHOP。2日間合わせて37組ものヒップホップアーティストが出演し、2日間合計で約16000人の観客を動員。またYouTubeの生配信は約18万人が楽しんだ。

<DAY1>
初日の記念すべきトップバッターはdodo。「足下が悪いなか今日はみんな来てくれてありがとうございます」と開演の挨拶。この日の関東地方はあいにくの雨模様。だが開場時間には入場ゲートに長蛇の列ができるほど多くのヒップホップファンが集まった。<POP YOURS>は全席指定でマスクは常時着用。大声、歓声、合唱は禁止。アルコール販売もなし。そんな中、dodoは“era it”、”Swagin like that“などを熱唱した。続いて登場したのはバーチャルYouTuberのピーナッツくん。「今日は面白がられにきたわけじゃなくちゃんとカマしに来たから!」と宣言。“グミ超うめぇ”ほかエモいラップをぶちかました。SKY-HIはMCバトル勃興期に小さいクラブでビール瓶を投げられたエピソードを回想。このビッグフェスに呼ばれた感謝の意を伝え“Brave Generation Remix”などをラップ。

▲dodo photo by cherry chill will.

▲dodo photo by Daiki Miura

▲ピーナッツくん photo by cherry chill will.

▲ピーナッツくん photo by Daiki Miura

▲SKY-HI photo by Jun Yokoyama

▲SKY-HI photo by Jun Yokoyama

全身からエネルギーを放出して場内の空気を一変させたDADA、東京のオルタナティブでミクスチュアな感覚を体現した(sic)boyに続き、NEW COMER SHOT LIVEには「ラップスタア誕生!」で注目されたCYBER RUI、川崎の注目ラッパーCandee、ralphとの“Kick Up”が人気のJumadiba、東京のニューカマークルー・Sound’s Deliらがパフォーマンスしフレッシュな空気を見せ付ける。

▲DADA photo by Jun Yokoyama

▲DADA photo by Jun Yokoyama

▲(sic)boy photo by Jun Yokoyama

▲(sic)boy photo by Yukitaka Amemiya

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル