top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カンヌ国際映画祭パルムドールは、リューベン・オストルンド監督が前作に続き2回連続受賞の快挙!ダルデンヌ兄弟の最新作は、75回記念特別賞に!

cinefil

現地時間28日(土)夜(日本時間:29日未明)に第75回カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」の授賞式が行われ、2017年前作の『ザ・スクエア 思いやりの聖域』でカンヌパルムドールを受賞したスウェーデンの鬼才監督リューベン・オストルンド監督の最新作『Triangle of Sadness』で、最高賞となるパルムドールの2回目の受賞が決定しました。
前作では、現代美術の世界の裏側を風刺した、オストルンド監督ですが、今回も上流階級へのブラックユーモアあふれる作品で、カンヌで連続のパルムドールとなる快挙を成し遂げました。

© Paramount Pictures Corporation – Jim Carrey, The Truman Show by Peter Weir / Graphic Design © Hartland Villa

また、グランプリには『CLOSE』(ルーカス・ドン監督)と『STARS AT NOON』(クレール・ドゥニ監督)が決定しました。また、75回記念特別賞には、リュック・ダルデンヌ&ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督の『TORI AND LOKITA』、その他受賞結果は以下のとおりです。

コンペティション部門

パルムドール

『Triangle of Sadness』(リューベン・オストルンド監督)

広告の後にも続きます

作品クリップより

グランプリ(同点)

『Stars at Noon』 クレール・ドゥニ監督

『Close』 ルーカス・ドン監督

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル