top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

嵯峨景子の『今月の一冊』|第一回は『あの図書館の彼女たち』

ホンシェルジュ

今月から、少女小説研究の第一人者である嵯峨景子先生に、その月に読んだ印象的な一冊を紹介していただく連載をスタートいたします。今月お届けするのは2022年4月19日に東京創元社から刊行された『あの図書館の彼女たち』。「戦争」を身近に感じざるを得ないこの時代に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。(編集)

「この図書館はわたしにとっての安息所です。いつでも、わたし自身のものと呼べる書架、本を読み、夢を見られる場所が見つかります。誰にでもそのチャンスが、必ずあるようにしたいと思います。とりわけ違和感を抱き、我が家と呼べる場所を必要としているひとのために。」(『あの図書館の彼女たち』14ページより)

 

このたび、その月に読んだ印象的な本を一冊紹介するという、新連載を始めることになりました。小説からノンフィクション、人文書と本のジャンルは限定せず、その月に読んだものであれば新刊でも旧作でもOK。そんなルールのもとで、毎月心の琴線に触れた本を紹介していきます。

 

第1回で取り上げるのは、2022年4月刊行のジャネット・スケスリン・チャールズ『あの図書館の彼女たち』(髙山祥子訳/東京創元社)です。“戦争という暗闇のあとに、本という光がある”を旗印に掲げ、1920年に創立されたパリのアメリカ図書館。第二次世界大戦中、この図書館にはナチスに抵抗してユダヤ人利用者を支援した、勇気ある司書たちがいた――。

著者[“ジャネット・スケスリン・チャールズ”, “髙山 祥子”] 出版日

『あの図書館の彼女たち』のモチーフとなったアメリカ図書館は、第一次世界大戦後に創立され、2020年に百周年を迎えた実在する機関です。作者のジャネット・スケスリン・チャールズは、2010年からここでプログラム・マネージャーとして働いた経験があり、その時に戦時下の知られざるエピソードと出会います。司書たちの勇気と献身に感銘を受けた作者は、実在する人物を登場させながら独自の物語を創造し、『あの図書館の彼女たち』という傑作ビブリオ小説が生まれました。本作はチャールズの第二長編小説にあたり、日本語訳が刊行された初めての作品でもあります。

広告の後にも続きます

 

1939年、パリ。図書館と本をこよなく愛する20歳のオディールは、利用者の大半を外国人が占めるという、国際色にあふれたアメリカ図書館の司書として働き始めました。信頼できる上司や、個性豊かな同僚、そしてさまざまなバックグランドをもつ図書館登録者たち。オディールは勤務を通じてさまざまな人たちと触れ合い、友情や恋を花開かせます。

 

けれども、ドイツとフランスの開戦で状況は一変し、暗い時代が到来する。司書たちは戦場の兵士に本を送り、ナチスによる占領が始まると、図書館から締め出されたユダヤ人登録者のためにひそかに本を配達するサービスを開始します。ドイツ軍に対する抵抗や敵対行為は、死刑になりかねない。外国人職員や図書館の登録者たちは敵性外国人とみなされ、スタッフの身にも危機が迫る中、それでもオディールたちは愛する本と人々のために抵抗を続けていくのでした。

 

一方、1983年のアメリカモンタナ州。閉塞感が漂う田舎町で暮らす少女リリーは、隣の家に住む孤独なフランス人のオディールに興味を抱き、彼女に近づきます。1945年からモンタナ州の片田舎でひっそりと暮らすこの女性には、一体どのような過去があり、なぜアメリカに渡ってきたのか。年齢の離れた二人は親交を深め、謎めいたオディールの過去が少しずつ明かされていきます。そしてある時リリーは、彼女が隠し続ける秘密に踏み込んでしまうのです――。

  • 1
  • 2