top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

電気代の節約方法が丸わかり!翌月の請求が安くなるポイントとは?

macaroni

世帯人数別の1カ月の電気代平均

電気代の平均額は世帯によって変化します。1人暮らしと5人暮らしの電気代を比較すると、約2.2倍ほど請求額に開きがあります。また家に住む人数が多くなれば、部屋の広さや使う家電の消費電力も大きくなるため、電気代は高くなりがちです。

とくに新型コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が増えている現在は、家電を使う頻度が増えるため、平均よりも電気代は高くなります。(※1)

電気代が高騰する理由

電気の使い過ぎ

電気代が高い原因として1番に考えられるのが、電気の使いすぎです。電気の使用量が増えればそれだけ電気代も高くなってしまいます。とくにエアコンをよく使う夏と冬は、電気代が高騰しやすい季節です。エアコンの使い方を見直すだけで、電気代節約に大きな効果が見込めます。

電源プラグの繋ぎっぱなし

電化製品の電源プラグを繋ぎっぱなしにしていませんか?こうして発生する待機電力も、電気代が高騰する原因です。待機電力は電気代全体の5%というデータがあるため、少しでも電気代を節約したいと考えている方は、こまめに電源プラグを抜くようにしましょう。

燃料調整費の値上げ

電気代が高騰する理由として、燃料調整費の高騰があげられます。燃料調整費とは火力発電の原料となる石油や石炭の購入額に応じて、自動的に変動する費用のことです。

2021年1月から火力燃料費は、15ヶ月連続で値上がりしており、15ヶ月前に比べて約1,500円値上がりしています。

ロシアのウクライナ侵攻の影響

電気代が高騰する要因として、ロシアのウクライナ侵攻があげられます。※2022年4月28日時点

ロシアは産油国であり世界各国に原油を輸出しているため、ロシアと日本の関係が悪化したことで原油価格の高騰につながっています。

電気代を節約する方法

広告の後にも続きます

春夏の電気代節約

春夏の電気代節約の要は、エアコン冷房の使い方です。エアコンは温度を低く設定するほど消費電力がかかるため、28度に設定しましょう。

扇風機を回して空気の循環をしたり、遮熱効果の高いカーテンを使ったりすることで、28度でも部屋を涼しく保つことができます。

秋冬の電気代節約

秋冬の電気代節約の要は、エアコン暖房の使い方です。外気温と内気温が離れるほど消費電力は大きくなるため、設定温度は20度にするのがおすすめです。

また加湿器を併用すると、部屋の湿度が上がるため体感温度が高く感じられたり、扇風機で暖かい空気を循環させると、低い設定温度でも暖かく過ごすことができます。

新電力に契約変更をする

電気代を見直す方法として効率的なのが、契約している電力会社を見直すことです。電力自由化によって、電力事業に参入する企業が増え、今では電力を自由に選ぶことができます。電気の使い方を変えなくても電気代を抑えることができますよ。

新電力の種類は2022年4月時点で1298社登場しており、お住まいの地域や世帯数に応じて、1番安い新電力を見つけることが大切です。

家電の使い方を見直す

電気代を見直す方法として手軽にできるのが、家電の使い方を見直し、こまめに節電することです。例えば、先ほど紹介したようにエアコンの設定温度を変更したり、照明をこまめに消したりといった細かな行動が電気代節約につながります。

しかし電気を我慢した生活はストレスにつながるため、節電よりも電力会社を変更して電気代を節約するのがおすすめです。

古い家電の買い替えで電気代節約

電気代の節約効果を高めるなら、省エネ性能の高い家電に買い換えるのもおすすめです。家電の省エネ性能は年々進化しています。たとえば2010年の冷蔵庫と2020年の冷蔵庫の電気代を比較したところ、年間電気代は5,000円程度安くなっています。

大物の家電は一度買うと10年近く使うことも多いので、家電を購入するときは、最新の省エネ性能を搭載したタイプを選ぶようにしましょう。

電気代の節約におすすめの新電力

電力使用量が多い家庭ならLooopでんき

電気代を毎月5,000円以上使う家庭であれば、Looopでんきがおすすめです。一般的な電力会社は基本料金と従量料金の合計額が請求されますが、Looopでんきは基本料金が無料です。そのため従量料金という電気を使った分だけの支払いとなります。

例えば2人暮らしの場合、電気代は年間5,000円ほど安くすることが可能です。電気の使用量が多い方は、Looopでんきに申し込みましょう。

Looopでんきの申し込み・無料シュミレーションはこちら|家計の節約

特典重視ならENEOSでんき

電気代を節約するときに電気そのものの値引き以外にも、特典を重視したい方には、ENEOSでんきがおすすめです。

ENEOSでんきは、2年とくとく割という無料オプションをつけると電気代が1Kwhあたり、0.2円お得になります。さらに電気代をENEOSカードで支払うと、ガソリン代が1リットルあたり3円安くなるため、電気代もガソリン代も安くなるのが魅力です。

例えば2人暮らしの場合、電気代は年間3,000円ほど安くすることが可能です。電気代以外にも特典を重視して新電力を選ぶなら、ENEOSでんきに申し込みましょう。

ENEOSでんきの申し込み・無料シュミレーションはこちら|家計の節約

電化製品の使い方の見直し術

エアコンでの電気代節約

エアコンの電気代の場合、エアコンの設定温度を見直すことで、月間1万円ほど電気代節約ができます。例えば設定温度は、冷房であれば28度、暖房であれば20度にするのがおすすめ。設定温度を1度変更するごとに電気代は約10%ほど抑えることができます。

1ヶ月で1万円ほど電気代がかかる家庭であれば、毎月1,000円程度電気代が安くなる計算です。またエアコンはこまめに消すよりも、つけっぱなしの方が電気代を抑えられるのでぜひ取り入れてみてください。

冷蔵庫での電気代節約

冷蔵庫の電気代の場合、温度設定を強から中に変更すると、年間の電気代は約1.600円程度節約できます。冷蔵庫内の温度は外気温によって左右するため、冬場は温度設定を弱にしても問題なく使うことができます。

また冷蔵庫に物を詰めすぎると、冷気の通り道が塞がれ、冷蔵庫内を冷やすため過剰な電力が使われます。ただ、冷凍庫に関しては、物同士で冷やしあえるため、冷蔵庫とは逆にぎっしり詰めたほうが冷凍効率があがります。

テレビでの電気代節約

テレビの電気代を節約するなら、見ていない時は小まめに消すようにしましょう。ついお風呂の時間やスマホを見ている時間はテレビをつけっぱなしにしてしまいがちですが、小さな取り組みが電気代節約につながります。

また、テレビの省エネ性能は年々向上しており、同じ37型の液晶テレビでも10年前と比較し、電気代は半額以下です。すでに同じテレビを10年以上使っている場合は買い替えを検討しましょう。

洗濯機での電気代節約

洗濯機の電気代を節約するなら洗濯物をまとめて洗うようにし、洗濯回数を減らすことでおのずと電気代も下げられます。

しかし洗濯機に入れる洗濯物の量をパンパンにするのは、かえって消費電力が高くなり電気代高騰の原因となります。洗濯物は7〜8割程度に留めましょう。

照明での電気代節約

照明の電気代節約をするなら、LED照明に切り替えるのがおすすめです。LEDライトは白熱灯よりも消費電力が少ないため、そのぶん電気代を節約することができます。

また人感センサー付きの照明を使うと、電気の切り忘れを防ぐことができるため、電気代削減につながります。取り付けも一般的な照明と変わらないため、買い替えの際はぜひ、人感センサーのLED照明にしてみましょう。

炊飯器での電気代節約

炊飯器の電気代節約をするなら、炊飯する回数を減らすのが効率的です。炊飯する回数を半分にできれば電気代もおのずと半分になります。

また保温時間を少なくするのも電気代節約につながります。保温は2時間で1円程度かかるので、3時間以上保温するなら、電子レンジでお米を温め直した方が電気代は安くなります。

パソコンでの電気代節約

パソコンの電気代節約をするなら、スリープとシャットダウンの使い分けが大切です。パソコンの消費電力は起動時がもっともかかるので、パソコンを使わない時間が1時間半以内ならスリープを利用し、1時間半以上ならシャットダウンした方が電気代を節約できます。

またディスプレイの明度を100%から40%にすると、電気代は年間2割ほど抑えることが可能です。小まめな節電をおこなうことで、電気代の削減額は大きくなります。

電気代の節約にはランタンも効果的

電気代の節約をするために、照明の代わりにランタンを使うのもおすすめです。ひとり暮らしの方であれば、ランタンを普段の生活に取り入れるだけで、1か月あたりの照明にかかる電気代を半額程度にすることができます。

ランタンを選ぶときは、ソーラー発電ができる光量の大きなタイプを選ぶのがおすすめ。昼間の間に充電しておけば、夜の電気代が安くなります。

家計の節約で新電力をお得に申し込もう

さまざまな節電方法を紹介してきましたが、まずは電力会社を見直してみませんか?大手電力会社から新電力に乗り換えるだけで、電気の使い方を変えずに年間5,000円以上電気代を安くすることができます。

新電力を使うなら家計の節約から申し込みましょう。家計の節約で新電力を申し込むと、キャッシュバックがもらえるので、さらに電気代をお得にすることができますよ。

LINEの友達登録後、簡単なアンケートに答えていただくと、担当のコンシェルジュから電話連絡が入ります。居住人数や電気の使用量に合わせて適切なプランを提案してくれますよ。

LINEの無料相談はこちら|家計の節約

QRコードでLINEの友だちを追加|家計の節約

【参考文献】

※1 家計調査 家計収支編 総世帯 詳細結果表(世帯人員・世帯主の年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出)|e-Stat 政府統計の総合窓口

(2022/05/20参照)

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル