top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ピッコマ読者1600万人に選ばれた「絶対に面白い作品」9作が発表!「東リベ」「無職転生」に並んだのは?

BOOKウォッチ

静かなるドン 1(小学館)<amazonで購入>

 2022年5月28日、「ピッコマAWARD2022」の受賞作品が発表された。

 「ピッコマAWARD」は、今年で5回目を迎えた、約1600万人のピッコマの読者データから選ばれた「絶対に面白い作品」へ与えられるマンガ賞。2021年3月〜2022年2月までピッコマで読まれた全作品を対象に、「売上」「読者数」「いいね数」の3つのカテゴリーでランキング化。上位作品から「ピッコマAWARD 2022」受賞作の9作品を選出し、5月28日9:00にピッコマAPP、WEBで発表された。

 ピッコマAWARD2022受賞作品は以下の通り。

LUNA(⽉曜)賞/『東京卍リベンジャーズ』和久井健/講談社(マンガ)

©和久井健/講談社
 花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた⼈⽣唯⼀の彼⼥・橘ヒナタが、悪党連合”東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店⻑からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底⼈⽣まっただ中のある⽇、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた⼈⽣を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を⽬指す!!!

 実写映画化をきっかけにピッコマ内でも『東京卍リベンジャーズ』の⼈気が⼤爆発した作品。映画が公開された2021年7⽉にはなんとピッコマで⽉間10万部以上も販売され、男⼥問わず、全世代から⽀持を集めている。過去にタイムリープし⼈⽣をリベンジしようとするアツくまっすぐな主⼈公の姿は、今もなお多くのファンを魅了している。

IGNIS(⽕曜)賞/『蜘蛛ですが、なにか?』著者:⾺場翁、イラスト:輝⻯司/KADOKAWA(ノベル)

©OkinaBaba イラスト:輝⻯ 司
 ⼥⼦⾼⽣だったはずの「私」は⽬覚めると……なんと「蜘蛛」に転⽣していた!周囲は毒ガエルや猿の化け物、果ては⿓まで……って、コレもう詰んでない!? 種族底辺・メンタル最強⼥⼦の、迷宮サバイバル開幕!

 20代から40代まで幅広い年齢層に⼈気がある作品。男性を中⼼に読まれているが、果敢に挑戦し続ける⼥⼦⾼⽣の姿が感動を与え、⼥性読者の支持も獲得している。蜘蛛に転⽣するという⼀⾵変わった始まり⽅にも注⽬。次々と襲いかかる試練に⽴ち向かっていく主⼈公を応援したくなる!

AQUA(⽔曜)賞/『お⽗さん、私この結婚イヤです!』作画:Roal、⽂:yuri、原作:HongHeesu/C&CRevolution(SMARTOON)

©Roal,yuri,HongHeesu
 皆に嫌われる悪⼥「ジュベリアン」。愛した恋⼈からも、たった⼀⼈の家族であるお⽗さんにも捨てられ、寂しく死んでしまった悪役…。そんなジュベリアンに⽣まれ変わったって? こうなった以上仕⽅ない。お⽗さんのお⾦を思う存分使って、派⼿なお嬢さんライフを送ろうとしていたのに、サイコパスな皇太⼦が私の結婚相⼿だなんて! それなら⽅法はたった⼀つ、契約恋愛だけ。その相⼿はお⽗さんの教え⼦がいいだろうと結論を出した。その男が皇太⼦であることも知らずに…。

広告の後にも続きます

 20代⼥性から圧倒的な⽀持を得ている作品。フルカラーの美しく⾊鮮やかなイラストや運命を変えようと奮闘するヒロインに魅了される。お⽗さんに嫌われていると思うヒロインや実は娘⼤好きなお⽗さんなど、登場⼈物たちのすれ違う思いがいつ通じ合えるかワクワクしながらついつい読み進んでしまう読者が続出。

ARBOR(⽊曜)賞/『4000年ぶりに帰還した⼤魔導⼠』漫画:kd-dragon(REDICESTUDIO)、脚⾊:フジツボ、原作:落下傘/RIVERSE(SMARTOON)

©kd-dragon(REDICESTUDIO),フジツボ,落下傘 /RIVERSE
 フレイ・ブレイクは魔法学校ウエストロード・アカデミーの劣等⽣で、名⾨家紋ブレイク家の恥と⾔われていた。学校では陰惨なイジメを受け、家では⽗親からの無慈悲な宣告。つらく苦しい⼈⽣に絶望したフレイは、⾃ら命を絶ってしまう。しかしその瞬間、彼の⾁体に新しい魂が宿る。「なんだ? この軟弱な体は? ゼロから鍛え上げないとだめだな…」その魂の正体は4000年前、神を⾃称する存在”デミゴッド”との戦いの末、奈落の底に封印されてしまった”⼤魔道⼠ルーカス·トロウマン”だった。劣等⽣フレイ・ブレイクの⾁体を器にし蘇った、彼の痛快な復讐劇の幕が上がる!

 20代男性を中心に全てのカテゴリーにおいて⾼いポイントを獲得している人気作。SMARTOON特有のフルカラー・縦スクロール演出によるド派⼿で臨場感あふれるバトルシーンが魅力。毎週の更新⽇の売上はピッコマランキング最上位をキープしている。

AURUM(⾦曜)賞/『にぶんのいち夫婦』漫画:黒沢明世、原作:夏川ゆきの/マンガボックス(マンガ)

©黒沢明世・夏川ゆきの/マンガボックス
 「⾃慢の夫だと思っていた…”あの⽇”までは」結婚2年⽬、29歳の⽂(あや)は、周囲も羨むイケメンで誠実な夫と平穏な⽣活を送っていた。ある⽇、⽂は夫の携帯電話に届いた意味深なメッセージを⾒てしまう。そして帰りが遅くなり始める夫…。「本当に仕事が忙しいの? それとも何か他に理由があるの…!?」夫を問いただして夫婦関係が壊れるかもしれないリスクをとるか、⾃分の⼼にしまってこれからの⽇常を守るか…。迷いの結婚⽣活が始まる。

 20代から40代以上までの幅広い⼥性層から共感を集める作品。夫の浮気疑惑に悩む妻の⼼境が繊細かつリアルに描かれている。「夫の本⼼は?」「この夫婦の⾏⽅は?」と予想のつかない昼ドラ展開にどんどん引き込まれ、結末を読まずにはいられない。

TERRA(⼟曜)賞/『無職転⽣ 〜異世界⾏ったら本気だす〜』著者:理不尽な孫の⼿、イラスト:シロタカ/KADOKAWA(ノベル)

©Rifujin na Magonote イラスト:シロタカ
 事故死した34歳無職の男。⽬覚めればそこは剣と魔法の異世界! ⾚ん坊として⽣まれ変わった彼は、今度こそ後悔なき⼈⽣を送ろうと決意する。前世の知識を活かし、魔術の才能を開花させた彼の新たな⼈⽣とは!?

 20代男性から⼈気を集めている異世界転⽣ファンタジーの⾦字塔。昨年から始まったアニメ放送が追い⾵となり、さらにファンを増やしている。前世の記憶と後悔を糧に「本気」で⽣きていこうとする主⼈公。その成⻑と新たな⼈⽣を最後まで⾒届けたくなる。

SOL(⽇曜)賞 /『盗掘王』漫画:3B2S、原作:SAN.G、脚⾊:Yuns(REDICESTUDIO) /RIVERSE(SMARTOON)

©3B2S,Yuns(REDICESTUDIO),SAN.G/RIVERSE
 世界各地に現れた謎の「墓」。その中には遺物と呼ばれる存在がいた。遺物は⼈間に異能⼒を与え、その⼒を⼿に⼊れたある者は巨万の富を⼿に⼊れ、ある者は世界を我が物にしようと企んでいた。遺物によって変わり始めた世界…そんなある⽇、嵐の如く現れ、次々と遺物を奪っていく者がいた。⼈々は彼をこう呼んだ。「盗掘王」と。凄惨な死から蘇った復讐の化⾝が繰り広げる痛快異能⼒アクション⼤作!

 20代~30代・男性から厚い⽀持を得て、いいね数が脅威の5000万回を突破した作品。爽快な復讐劇はもちろん、勝つために⼿段を選ばない性格の悪い主⼈公、⼈格を持つ神話や伝説をモチーフに作られた遺物(異能⼒アイテム)など、ユニークな設定にも注目。

LUX(光)賞 /『捨てられた皇妃』Yuna/D&CMEDIA(ノベル)

©Yuna 2013/D&CMEDIA
 モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」。未来の皇后として育てられた彼⼥だが、ある⽇異世界からやってきた少⼥「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として迎えられることに…そんな中反逆罪に問われ⼼⾎を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…⽬覚めたら9歳の⾃分に転⽣!? 転⽣した「アリスティア」の残酷な運命は繰り返されるのか――!

 20代⼥性を中⼼に、SMARTOON版と合わせて楽しまれている。⻑らく愛され続けているSMARTOONの原作ノベルで、ノベルそのものも⾼い⼈気を博している。ストーリーへの没⼊感を⾼める、細かく丁寧な登場⼈物の⼼理描写が作品の⼈気に繋がっている。

VENTUS(⾵)賞/『静かなるドン』新⽥たつお/実業之⽇本社(マンガ)

©新⽥たつお/実業之⽇本社
 近藤静也は昼は下着会社で働くさえないデザイナー、夜は関東最⼤の広域暴⼒団・新鮮組の三代⽬総⻑。昼と夜の⼆⾜のワラジをはく静也の前途は……? そして、ヒロイン・秋野さんとの恋の⾏⽅は……?
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル