top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岸惠子、毎年人気の恒例となったスペシャルトークショー『いまを生きる』合同取材会レポート

SPICE

岸惠子



2022年8月12日(金)に神奈川県立音楽堂、8月30日(火)に新宿文化センター大ホールにて、岸惠子スペシャルトークショー『いまを生きる』が開催される。このたび岸が、合同取材会に参加した。

女優デビューしてから70年以上を経た今もなお、作家やジャーナリストとして活躍し、エッセイストとしても高い評価を受ける岸が、自身が体験した驚きと笑いが満載のエピソードの数々を交えて、いま最も大切にしたいことや変わらずに伝え続けていきたいことを語る「いまを生きる」。予定していた2020年の公演は、新型コロナウィルスの影響を受けて中止に。そこから約2年を経て、90歳を迎える8月に、満を持しての開催となる。

合同取材会への出席のために、今年2月以来の外出をしたという岸。長い海外生活の経験を持ち、日本という国を愛している岸ならではの視点で、新型コロナウィルスや、ロシアによるウクライナ侵攻問題、いまの日本への思いをたっぷりと語った。

今回のトークショーの内容について、「私が映画界で活躍していた頃と今では、時代はガラリと変わったと思うんですね。コロナウィルスという変異株をたくさん生んでいる疫病と、プーチンさんの夢であるらしいロシア帝国を作るための無謀な戦い。それから、日本という特殊な国、日本人は知識もあるし、報道もちゃんと敷いているし、世界事情がわかっていて、その分析力もある。でもそこで終わってしまうんですよね。やっぱり海に囲まれた安全地帯というのがあって、まだ鎖国しているのではないかと思うぐらい、外を見ない。見て感覚ではわかっても、行動に出ない。そんなようなことを話したいと思っています」と、コメント。

開催を楽しみにしている人へのメッセージを求められると、「そういうの苦手なの」と微笑みながら、「私、何かしたいんですよね。ウクライナ人ってすごく強いと思って、国に対する愛と信仰で、あそこまで戦えるとは。それもすごいと思うし、コメディアンだったというゼレンスキー大統領を、最初は小馬鹿にしていたかもしれないけれど、あの人素晴らしいじゃないですか。

けれど、私はロシア人もよく知っているんですね。『ゾルゲ氏よ、あなたは誰?』(=『スパイ・ゾルゲ 真珠湾前夜』)という映画で、当時書記長だったフルシチョフさんに招かれて、夫と共に彼の専用機で旧ソビエトの各地を回ったんです。その時に見たスラブ民族の優しさと、明るさ、ユーモア、そして、なんていうんだろう……。素朴な人の良さを持つ彼らが、何が何だか分からないまま戦いに駆り出されて死んでいくのは、ものすごく虚しいと思う。

あと、ウクライナやベラルーシ、バルト三国に行ったときに見た黄金色の麦やひまわりが実っている大穀倉地帯は、ただの旅人でしかない私には、平穏そのものに見えたんです。それが、いまの状態になっている。一生の半分以上をヨーロッパのど真ん中に暮らしていましたから、国境というものは動くものなんですよね。ポーランドなんて、二回も地図から国がなくなっている。そういうところに住んでいた私にしてみると、日本の人達は、幸せで、いい人たちで、なにもしないように思えるんです」と、日本を愛する岸だからこその愛情たっぷりの提言も。

広告の後にも続きます

「最後の舞台になると思うんです」という8月のトークショーのギャラは、ウクライナの難民の方に寄付したいと思っているとのこと。岸惠子 スペシャルトークショー『いまを生きる』の詳細は、オフィシャルサイトで確認しよう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル