top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マイティ・ソー役のナタリー・ポートマン、筋肉スゴすぎ!『ソー:ラブ&サンダー』場面写真公開

シネマトゥデイ

腕すごっ!ナタリー・ポートマン&クリス・ヘムズワース – (c)Marvel Studios 2022

 映画『マイティ・ソー』シリーズ第4弾『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日全国公開)より、クリス・ヘムズワース演じる雷神ソーと、ナタリー・ポートマンふんするマイティー・ソーことジェーン・フォスターの2ショットを含む場面写真(全3枚)が公開された。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』で最強の敵サノスを撃破し、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと行動を共にするソーが、「ヒーローは卒業だ」と我に立ち返り、新たな道を歩み出す本作。前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督が再びメガホンを取った。

 天文物理学者として活躍したジェーンだが、本作ではソーの武器・ムジョルニアを手にしたマイティ・ソーとして登場する。公開された2ショットは、女性版ソーの風格を漂わせるナタリーの姿を捉えており、上腕はヒーローらしくビルドアップされ、クリスの上腕にも引けを取らない仕上がり具合となっている。『エンドゲーム』の頃のビール腹を絞り、再びムキムキになったソーとのコンビネーションにも期待が高まる。

 ソー&ジェーンのほか、最新作にはニュー・アスガルドを統治するヴァルキリー(テッサ・トンプソン)や、スター・ロード(クリス・プラット)などのガーディアンズ一味も登場。さらに、『ダークナイト』シリーズのクリスチャン・ベイルが悪役ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーを務める。(編集部・倉本拓弥)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル