top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イタリア発、全米絶賛の“家族”小説を名匠・ダニエーレ・ルケッティが映画化-ヴェネチア国際映画祭オープニング作『靴ひものロンド』公開決定!

cinefil

全米で絶賛されたイタリア発の原作小説を『ワン・モア・ライフ!』『ローマ法王になる日まで』の名匠・ダニエーレ・ルケッティが映画化。”Lacci”(原題)が邦題『靴ひものロンド』として9月9日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開が決定いたしました。

★第77回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品
★2021年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞主要3部門ノミネート

©Photo Glanini Fiorito/Design Benjamin Seznec/TROIKA

「ニューヨーク・タイムズ」2017年〈注目の本〉に選出、全米で絶賛された原作小説をイタリアの名匠ダニエーレ・ルケッティが映画化**。1980年代初頭のナポリ。

1980年代の初頭のナポリ。4人の家族の平穏な暮らしは、夫の浮気で終わりを告げた。夫婦の絆を解こうとする父親と繋ぎ止めようとする母親。対立する夫婦の激しい口論や突然現れた魅力的な愛人、徐々に壊れていく母の姿を見つめながらローマとナポリを行き来する子供たちー。いびつな数年間を経て、ばらばらになった家族はささやかなきっかけで再び一緒に暮らし始める。月日は流れ夫婦は夏のバカンスへ。戻ってみると、家はひどく荒らされ、飼い猫は失踪しているのだったー。
一度壊れた「家族」は「絆」を再び繋ぐことができるのか。愛をめくると見えてくる、心の底に沈めた秘密と嘘。かつてない衝動、軽やかで強烈な余韻がめぐる<家族映画>の新たな傑作が誕生した!

©Photo Glanini Fiorito/Design Benjamin Seznec/TROIKA

広告の後にも続きます

印象的に配された靴ひもを結び直す親子の足元。“靴ひも”状にあしらわれた原題 “Lacci”の文字が夫、妻、姉弟の4人の間をすり抜ける。家族は揃って歩いているはずなのに、その視線は誰ひとり交わることなくばらばらだ。明るくポップな雰囲気ながら、どことなく不穏さも漂う。人との繋がりにフォーカスし作品を撮り続けてきたダニエーレ・ルケッティ監督が新たに綴る家族の物語に期待が高まるビジュアルとなっている。

妻ヴァンダ役は、唯一無二の存在感を放つアルバ・ロルヴァケル(『幸福なラザロ』『おとなの事情』)、夫アルド役は巨匠マルコ・ベロッキオから俊英の若手監督までを虜にする実力派ルイジ・ロ・カーショ(「いつだってやめられる」シリーズ、『夜よ、こんにちは』)が務め若かりし日の夫婦を、そして熟練の名優ラウラ・モランテ(『息子の部屋』)、シルヴィオ・オルランド(『息子の部屋』『ボローニャの夕暮れ』)が老年期の夫婦を演じる。イタリア映画界の実力派オールスターキャストが集結した。

監督・脚本・編集:ダニエーレ・ルケッティ『(ワン・モア・ライフ!』『ローマ法王になる日まで』)

原作:ドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」(関口英子訳、新潮クレスト・ブックス)
脚本:ドメニコ・スタルノーネ、フランチェスコ・ピッコロ
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイジ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ、シルヴィオ・オルランド
2020年/イタリア/イタリア語/100分/カラー/シネマスコープ/原題Lacci
英題:The Ties/ 字幕:関口英子/
配給:樂舎
後援:イタリア大使館/特別協力:イタリア文化会館

©Photo Glanini Fiorito/Design Benjamin Seznec/TROIKA

9月9日(金)より、
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル