top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

町田啓太に森マリアが寄りかかるシーンも 映画『太陽とボレロ』から場面写真5点を解禁

SPICE

(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会


6月3日公開の映画『太陽とボレロ』から、新たな場面写真が解禁された。

『太陽とボレロ』は、水谷豊監督が2017年の『TAP-THE LAST SHOW』、2019年の『轢き逃げ 最高の最悪な日』に続き、メガホンをとったオリジナル映画。クラシックのオーケストラを題材に、音楽を愛する普通の人々の人間模様を描いた作品だ。本作では、ある地方都市のアマチュア交響楽団を舞台に、18年間楽団を運営してきた主宰者の花村理子が、最後にして最高のコンサートに臨もうとする。

主演を務めるのは、映画『武士の一分』『母べえ』『劇場版 奥様は取り扱い注意』などで知られる檀れい。本作で、映画初主演を飾る。檀は、音大を出たものの、音楽の道をあきらめ、家業を継ぎ、地元で楽団を主宰する女性・花村理子を演じている。また、石丸幹二が花村理子とともにアマチュア交響楽団“弥生交響楽団”を支える中古車販売センター社長・鶴間芳文役、町田啓太が鶴間の会社で働きながら交響楽団でトランペットを演奏する田ノ浦圭介役、森マリアが花村理子の洋装店で働きながら交響楽団のヴァイオリン奏者を務める宮園あかりを演じている。そのほか、田口浩正、田中要次、藤吉久美子、六平直政、山中崇史、河合我聞、原田龍二らが出演。監督・脚本を務める水谷も弥生交響楽団の指揮者・藤堂謙役で登場する。

解禁された場面写真は、町田啓太が演じる弥生交響楽団のトランペット奏者・田ノ浦圭介と、森マリアが演じる同交響楽団ヴァイオリン奏者・宮園あかりの姿を収めたもの。圭介は、石丸幹二演じる鶴間が経営する中古車販売店で働きながら交響楽団にも所属し、少し擦れたような発言をしながらも、音楽とひたむきに向き合う人物。また、あかりは父を亡くし経済的な問題からプロになる夢を諦めやっとの思いで弥生交響楽団に入団し、音楽に対して人一倍強い思いを持っている。

広告の後にも続きます

(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会


(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会


解禁されたカットでは、ツツジ満開の中で圭介とあかりが向かい合うカフェのシーンや、解散を目前に控えた弥生交響楽団の今後についてふたりが語り合う様子などが切り取られている。さらに、あかりが圭介に寄りかかる姿を映し出した場面も公開されている。

(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会


(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会


『太陽とボレロ』は6月3日(金)全国ロードショー。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル