top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

塚本晋也監督『六月の蛇』が公開20周年として全国各地で上映!監督自身の原作小説も、イタリアの名門出版社から新たに出版!

cinefil

『鉄男」『野火』などの塚本晋也監督作品『六月の蛇』が公開20周年を迎え、全国各地で上映されることとなります。

『六月の蛇』は、2003年に公開された塚本晋也監督7作目となる長編作品。
全編ブルートーンのモノクロームで描かれ、02年ヴェネチア国際映画祭審査員特別大賞、03年ポルト国際映画祭最優秀主演女優賞(黒沢あすか)など多数受賞。

公開時チラシ ヴィジュアル オモテ面

公開時チラシ ヴィジュアル ウラ面

心の健康センター電話相談室で働くりん子(黒沢あすか)は、夫(神足裕司)と高級マンションで恵まれた生活を送っていた。そんな彼女の元にある日、一通の封筒が届く。そこにはりん子が自慰にふけるあられもない姿が映し出されていた。その日からりん子の恐怖の日々が始まる。男に脅迫され、短いスカートをはいて街を歩かされ・・・りん子はやがて、満たされていると信じて疑わなかった生活の中で圧倒的な孤独に気づいていく。

六月の降り続ける雨の中、自らの中にある叫びを解放していく女の姿を描く。

広告の後にも続きます

日本での公開時は、塚本自身による小説版も発刊。
20周年を記念する今年、イタリアの名門出版社マルシリオからイタリア語版が発刊され、今月5月にはヴェネチアで開催された第12回カフォスカリ国際短編映画祭で、出版を記念したシンポジウムが開かれ、映画も上映された。

2022年イタリアの名門出版社マルシリオから出版された小説本の表紙

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル