top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』開発スタッフの新作に“トレパク”疑惑―公式が謝罪

インサイド

『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』開発スタッフの新作に“トレパク”疑惑―公式が謝罪

TVTは、5月24日に発表した新作プロジェクト『Project Shaz』について、同社公式サイトで「キャラクターデザインについてのお詫びとご報告」を公開しました。

『Project Shaz』は、『GOD EATER』の開発スタッフによる最新マルチプレイアクションゲーム。『フリーダムウォーズ』にも携わった保井俊之氏、福島智和氏が参加しており、両作のファンから大きな反響が寄せられました。

そんな中で、公開されたキャラクターデザインに「当社が権利を持たないイラストと構図が一致しているとの指摘があった」とのこと(いわゆるトレパク)。今回、その状況と今後の対応が説明されたかたちとなります。

結論から言うと「トレースはあった」と報告。ただし、このデザインは内部向け資料であり、企画者とデザインの方向性を探るために制作したものだといいます。本来ならば一般公開する予定はなかったものの、確認不足から公開可能なデザインであると誤解。情報として公開するに至ったとのこと。

内部向け資料だとしても、権利がクリアになっていない画像を使った制作方法は不適切だったと認識しており、今後は当該キャラクターデザインは使用せず、内部・外部用問わず新規でのデザイン作成を行うと約束。一番の問題である確認フローも、担当間でのコミュニケーションを徹底するとしています。

【以下、「キャラクターデザインについてのお詫びとご報告」全文】

株式会社TVT代表の保井俊之です。先日公開した『Project Shaz』のキャラクターデザインにつきまして、状況と今後の対応について説明させていただきます。

2022年5月24日のプロジェクト公開で、皆様から多くの反響をいただき、誠にありがとうございます。その中で添付したキャラクターイラストについて、当社が権利を持たないイラストと構図が一致しているとのご指摘をいただきました。

まずは、この件でお騒がせし、皆様にご迷惑・ご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

■当該のキャラクターデザインについて
担当のイラストレーターに実際にどういった作業が行われたのかを確認いたしました。

通常、デザインについては、一から書き起こすのですが、今回、内部資料として企画者とデザインの方向性を探るため参考にした画像から切り貼りしてリタッチするフォトバッシュという手法を使ってイメージラフの制作を行いました。

その過程でポージングを含めボディーラインをそのまま使用してしまったという経緯になります。内部向け資料だったとしても権利がクリアになっていない画像を使った上記制作方法は、不適切だったと認識しております。

■公開に至った経緯について
問題となっているイラストについては、本プロジェクトが企画段階ということもあり、内部資料用のデザインとして当該キャラクター一覧を作成しておりました。

今回、情報公開を行う際に制作手段について担当イラストレーターに確認を取らず公開可能なデザインであると誤解してしまった結果、内部資料用のデザインを情報として公開するに至りました。

制作および情報の確認フローが甘く問題があったことは全て保井の責任です。大変申し訳ございません。

■対応について
公開してしまったキャラクターデザインについては、権利を保持している関係各所に謝罪の上、経緯を説明し誠心誠意対応いたします。

今後について当該キャラクターデザインは使用せず、内部用、外部用問わず新規でのデザイン作成を行うことを約束いたします。また、今回一番の問題である確認フローについては担当間でのコミュニケーションを徹底し同様の問題が発生しないよういたします。

当該プレスリリースに関しては、ファンの皆様から想定を上回るご好評をいただいており、プロジェクトを最高な形で実現できるよう全力で取り組んでまいります。今後とも叱咤激励のほど、よろしくお願い申し上げます。

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル