top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人に強い阪神 最下位低迷も「交流戦でまだ十分に巻き返せる」の指摘が

週刊ベースボールONLINE

交流戦白星スタート



交流戦初戦の楽天戦は1点を継投策で守り切った[写真はセーブを挙げた岩崎]

 交流戦が5月24日から開幕した。阪神は甲子園でパ・リーグ首位の楽天と対戦。難敵・田中将大に5回まで無得点に抑えられたが、6回二死二塁から大山悠輔の中前適時打で先制。先発の西勇輝が7回途中まで無失点と好投すると、それ以降は渡邉雄大、アルカンタラ、湯浅京己、岩崎優の継投策で逃げ切った。

 就任4年目の矢野燿大監督が今年限りでの退任を明言し、17年ぶりのリーグ優勝を目指したが、春先から試練が待ち受けていた。開幕9連敗を喫するなど4月中旬に3勝19敗1分の借金16と想定外のどん底状態に。4月24日のヤクルト戦(神宮)から今季初の6連勝を飾ったが、ふくらんだ借金はなかなか返せない。ただ、最下位に低迷しているが、巨人戦だけは7勝5敗と他球団との対戦で唯一勝ち越している。5月22日の同戦(甲子園)で2年目左腕・伊藤将司がプロ初の完封勝利を飾るなど、交流戦前最後のカードも勝ち越した。

 投手陣は他球団に見劣りしない。4月22日のヤクルト戦(神宮)から21試合連続3失点以下で球団記録を更新。5月20日の巨人戦(甲子園)で6失点したが、21、22日の同戦は1失点、完封勝利ときっちり抑えている。一方で打撃陣は貧打が深刻だ。ジェフリー・マルテが春先から故障で戦線離脱した影響もあり、145得点はリーグ5位だ。

「低迷の原因は貧打であることは明らかです。ただ巨人戦での健闘ぶりを見ても戦力差が大きいわけではない。交流戦でまだまだ十分に巻き返せると思います」(スポーツ紙記者)

OB岡田氏は「打線の軸は動かさない」


 球団OBの岡田彰布氏は5月上旬に週刊ベースボールのコラムで阪神のチーム再建策について、以下のように提言している。

「佐藤輝明の打順を固定するべき。結果が出ないから、動きたくなる気持ちは分かる。しかし試合の中の動きと、四番を動かす意味はまったく違う。開幕四番を佐藤輝でスタートさせたわけよ。これは今シーズン、四番は佐藤輝でいく! という宣言やったはず。それが、チームが勝てないからといって二番、三番に変更した。四番が二番に? 果たして巨人が岡本(岡本和真)を二番に変えるか。ヤクルトが村上(村上宗隆)を二番に置くか。四番と決めた限りは四番で押し通す。やはり打線の軸は動かさない。それくらいの気概で臨むべき……とオレは見ている」

「さらに動くという点においては、ベンチがチームを動かさねばならない。それは攻めも守りも同様に、である。機動力を使うなら、徹底的にベンチが仕掛けていき、守りでも攻めの対応が必要なのだ。選手任せでは現状を打破できない。ここまでは先発が好投すれば何とか勝てる。打線が格下投手を打てば勝てる。そんなパターンしか勝つケースが見当たらない。そうではなく、あらゆる手を尽くして勝てる道を探る。例えば勝てると判断すれば、力のある投手をドンドンつぎ込み、確実にものにすることよ」

昨季の交流戦で活躍した佐藤輝



今季も佐藤輝は交流戦で打撃が爆発するか

 昨季の交流戦では11勝7敗と12球団で2位に。優勝を飾ったオリックスに及ばなかったが、貯金を増やして首位を快走した。活躍が目立ったのがルーキーだった佐藤輝だ。5月28日の西武戦で長嶋茂雄(巨人)以来63年ぶりとなる新人の1試合3本塁打をマーク。交流戦で6本塁打を放ち新人最多記録を塗り替えた。

 後半戦に打撃不振でファーム降格を味わうなど好不調の波が激しかったが、「不動の四番」として期待された今年はコンスタントに打ち続けている。チーム事情で二番、三番で起用されることがあったが、5月7日の中日戦(バンテリン)以降は四番で13試合連続スタメン出場している。今年の交流戦も打棒が爆発するか。打線を活気づかせるためにもポイントを握る存在になりそうだ。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル