top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『ローマの休日』のモチーフとなったといわれるタウンゼンド大佐の書いた一冊の本。長崎の少年に出会い、生まれた物語を辿って父から娘へ。ドキュメンタリー『長崎の郵便配達』

cinefil

ドキュメンタリー映画『長崎の郵便配達』が8月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国公開することが決定いたしました。

映画『ローマの休日』のモチーフとなったといわれるタウンゼンド大佐が
長崎の少年に出会い、生まれた物語

はじまりは1冊の本だった。著者はピーター・タウンゼンド。元英空軍大佐で、戦時中にパイロットとして英雄となり、退官後は英国王室に仕えた。エリザベス女王の妹にあたるマーガレット王女と恋に落ちるも、周囲の猛反対で破局。この世紀の悲恋は世界中で話題となり、映画『ローマの休日』のモチーフになったともいわれる。その後、世界を回り、ジャーナリストとなった彼が、日本の長崎で出会ったのが谷口稜曄(スミテル)さんだった。16歳で郵便配達中に被爆し、生涯をかけて核廃絶を世界に訴え続けた谷口さんをタウンゼンド氏は取材。1984年に英米でノンフィクション小説「THE POSTMAN OF NAGASAKI」を出版する。

本作は、タウンゼンド氏の娘であり女優のイザベル・タウンゼンドさんが、父親の著書を頼りに長崎でその足跡をたどり、父と谷口さんの想いを紐解いていくドキュメンタリーだ。

川瀬美香監督は、谷口さんより出版についての相談を受け、ニューヨークでの講演を聞いたり、さらに、父の意志を受け継ぎたいと願うイザベルさんと出会ったことで、映画の制作を決心した。2017年、谷口さんが突然帰らぬ人となり、プロジェクトは一時中断しかけたが、奇跡的にタウンゼンド氏の取材テープを発見。天のふたりから導かれるようにして歩みを進めていった。「核兵器」という言葉がリアルに響く今この時代こそ、平和の願いを誰かに“配達”してほしい。父から娘へのメッセージは、今、あなたの元へと届きます。

予告編&ビジュアル&場面写真が一挙解禁!

広告の後にも続きます

©️The Postman from Nagasaki Film Partners

ポスタービジュアルが解禁。長崎の輝く港町をバックに立つイザベルさんと、優しい眼差しで遠くを見つめるピーター・タウンゼンド氏、赤い郵便配達の自転車を引いた谷口稜曄少年のイメージが重ね合わせられ、時代を超えた心のつながりを感じさせる。また、「1冊の本からはじまった、父の記憶を辿る旅。今、娘が受け取る、平和へのメッセージ。」というコピーが添えられた。

場面写真では、長崎の街を巡るイザベルさんの姿 (main)、長崎のお盆の伝統行事である精霊流しで船を曳く谷口さん家族とイザベルさん、かつて父タウンゼンド氏の通訳をした人から話を聞くイザベルさんの姿、ピーターさんと谷口さんを映したカット(sub5)やタウンゼンド親子を映した写真(sub7)などが切り取られている。

©️The Postman from Nagasaki Film Partners

©︎坂本肖美

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル