top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」監督×ウォン・カーウァイ製作総指揮『プアン/友だちと呼ばせて』場面写真一挙公開!

cinefil

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の監督とアジアの巨匠ウォン・カーウァイがタッグを組んだことで話題となりサンダンス映画祭で絶賛された『One For The Road(原題)』が、邦題『プアン/友だちと呼ばせて』に決定し、8月5日(金)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、渋谷シネクイントほか全国順次公開することが決定し、この度場面写真が一挙解禁されました。

「こんな映画アリ!?」と大興奮を巻き起こし、本国タイで年間ランキング1位、アジア各国でタイ映画史上歴代興収1位を奪取、世界中からリメイク権を熱望され、日本でも大ヒットを記録した『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督最新作。彼の才能に心底惚れた、『花様年華』『恋する惑星』の巨匠ウォン・カーウァイが自らプロデュースを熱望。完成した作品はサンダンス映画祭でプレミア上映され、ワールドシネマドラマティック部門で審査員特別賞に輝いた。

NYでバーを経営する青年ボス(左:トー・タナポップ)のもとに、バンコクで暮らす友人のウード(右:アイス・ナッタラット)から数年ぶりに電話が入る。ガンで余命宣告を受けたので、帰ってきてほしいというのだ。バンコクに戻ったボスが頼まれたのは、元恋人たちを訪ねる旅の運転手。カーステレオから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。忘れられなかった恋への心残りに決着をつけたウードを、ボスがオリジナルカクテルで祝い、旅を仕上げるはずだった。だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける──。

エモいアルバムのような場面写真一挙解禁!

プーンプリヤ監督が脚本制作の段階でウォン・カーウァイに常に言われていたのが「自分らしくあれ、自身のストーリーを綴れ」ということだった。そのため、音楽や衣装、旅をする車でさえ、全て監督が個人的に思い入れあるもので揃えられた。物
語は、余命宣告を受けたウードが‘もし、自分だったら―?’と念頭におき、そして、ボスがいることで、二人で人生のレッスンを学び、一人が生き残ることでこの学びを未来へと継承していくということをテーマに脚本づくりにとりかかった。彼の元恋人たちのキャラクター設定やキャスティングには困難を極めたが、自身の恋愛経験に基づいたイメージで選んでいったという。

©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

広告の後にも続きます

©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

今回解禁された場面写真は、車で元恋人たちのもとへ車を走らせるウードと、ボス。そして、その道中酒を楽しむ二人。さらに、元カノたちとの甘酸っぱい思い出がつまった写真の数々8点が一挙解禁となった。監督が「タイという国の地域によって異なる美しさを映像に残したかった」という写真にはいろいろな表情がある。アジアの青春映画を象徴するバイクで二人乗りをする写真や、ウォン・カーウァイ作品を彷彿とさせるネオンの下、ロマンティックな雰囲気の中唇を重ねそうな2人などエモーショナルな雰囲気で溢れている。

©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル