top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

物議醸す「AV対策法」、規制遵守してきたメーカーが“無意味”と主張するワケ「18歳は使わない」「違法な同人AV溢れかえる」

SmartFLASH

AV対策法を推進した塩村議員。「できることはすべてした」と自信満々だ(写真・時事通信)

 

「あの法案で何かが変わるとは思えません。そもそも今どき僕のまわりでは、18歳や19歳のコを使ってるメーカーなんてないですよ。18歳に見える25歳のコを起用すれば、リスクゼロなんですから」

 

 そう首をかしげるのは、フェティッシュメーカー「RASH」の主宰者で、アダルトビデオ(AV)監督のラッシャーみよし氏だ。

広告の後にも続きます

 

 

「あの法案」とは、AVの出演被害救済に向けて、超党派議員が立法を目指している「AV出演被害防止・救済法案」、通称AV対策法だ。

 

「4月に改正民法が施行され、成年年齢が18歳に引き下げられました。これを機に、20歳未満の“子供”がAV出演契約を自らの意思で結ぶ可能性が出てきました。そこで、AVを『性行為に係る人の姿態を撮影した映像』と定義し、撮影から1年以内(施行後2年間は2年以内)であれば、出演者はいつでも無条件で契約を解除できるとする法律を制定しようとしています。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル