top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

21/22シーズン、マンチェスター・シティ全選手パフォーマンス査定。ポジション別に5段階評価、A評価となったのは?

フットボールチャンネル

21/22シーズン、マンチェスター・シティ全選手パフォーマンス査定。ポジション別に5段階評価、A評価となったのは?

●マンチェスター・シティ、今季全選手パフォーマンス査定【GK編】

 シーズン最終節までリバプールと優勝争いを繰り広げた中でマンチェスター・シティはプレミアリーグ2連覇を達成した。一方でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)や国内カップ戦では決勝にすら進出することができず、獲得したトロフィーはプレミアリーグのわずか1つに留まった。そんな今季、選手のパフォーマンスはどうだったのか。今回はポジションごとにA~Eの5段階で評価する。

——————————————-
エデルソン(ブラジル代表)
生年月日:1993年8月17日
21/22リーグ戦成績:37試合26失点
21/22欧州CL成績:11試合14失点
21/22FA杯成績:1試合0失点
21/22リーグ杯成績:0試合0失点
評価:C

 昨季を上回る20試合でクリーンシートを達成も、パフォーマンスレベルは昨季の方が高かった。ミスこそしないもののビッグセーブが少なく、CLではわずか52%のセーブ率に留まった。

ザック・ステッフェン(アメリカ代表)
生年月日:1995年4月2日
21/22リーグ戦成績:1試合0失点
21/22欧州CL成績:1試合2失点
21/22FA杯成績:4試合6失点
21/22リーグ杯成績:2試合1失点
評価:D

広告の後にも続きます

 2番手GKとして主に国内カップ戦で出場機会を得た。FAカップ準決勝リバプール戦で痛恨のミスから失点を喫し、ベスト4敗退の要因に。

スコット・カーソン(元イングランド代表)
生年月日:1985年9月3日
21/22リーグ戦成績:0試合0失点
21/22欧州CL成績:1試合0失点
21/22FA杯成績:0試合0失点
21/22リーグ杯成績:0試合0失点
評価:なし

 3番手GKとして帯同。CLグループステージ最終節スポルティング戦で途中出場を果たし、リバプールに在籍していた2004/05シーズン以来のCL出場を果たした。

マンC、今季全選手パフォーマンス査定 全選手紹介
マンC、今季全選手パフォーマンス査定【FW編】
マンC、今季全選手パフォーマンス査定【MF編】

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル