top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広瀬すず・松坂桃李・横浜流星・多部未華子・李相日監督 登壇!『流浪の月』大ヒット御礼舞台挨拶オフィシャルレポート

cinefil

広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日監督最新映画『流浪(ルビ:るろう)の月』が、大ヒット全国公開中です。

実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じる。また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じ、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜(子役)、内田也哉子、柄本明らが共演に名を連ねている。

2人の限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『フラガール』『悪人』『怒りなどの李相日(リ・サンイル)監督。また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結した。

この度、大ヒット全国公開中の本作に出演する広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、そして李相日監督を迎えた大ヒット御礼舞挨拶が行われました。公開1週間で既に鑑賞した観客たちからのSNSを通じて集まった質問に答えると会場に詰め掛けた鑑賞直後の観客からも熱い反応があり、最後にはキャスト監督共感謝を伝え合う感動的なイベントとなりました。

■日時:5月24日(火)17:13~17:45 
■場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
■登壇:広瀬すず(23)、松坂桃李(33)、横浜流星(25)、多部未華子(33)、李相日監督(48)

2020年本屋大賞を受賞した作家・凪良ゆうによる傑作小説を原作にした映画『流浪の月』の大ヒット御礼舞台挨拶が5月24日(火)に都内で開催され、広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、李相日監督が揃って登壇。既に本作を鑑賞した観客からSNSを通じて事前に寄せられた質問に答えた。

広告の後にも続きます

この日の舞台挨拶の模様は、全国305館の映画館に生中継された。公開から10日ほどが経っての舞台挨拶となったが、監督、キャストにも周囲から多くの感想が届いているよう。

本作を手掛けた李監督は「全国たくさんの人に観ていただき、多くの人の心の深い場所に届いているのを日々実感できて嬉しく思っています」と手応えを口にする。広瀬も「いろんな方からご連絡いただいたり、会う人会う人に『いま観て来たよ』と言われるのが、私の中で過去一多いです。メールも長文で送ってくださったり、直接会って熱量をいただくけど『言葉で何て言っていいかわからない』という感想が多かったり、ここまで見てくれている人がいるんだなというのを身近でも感じられて、ありがたい毎日です」と周囲の反響の大きさに驚きつつ、感謝を口にする。さらに広瀬は「みんな、やっぱり流星くんのことを嫌いになりかけたと言ってました(笑)」と明かす。広瀬演じる更紗をDVで苦しめる恋人の亮を横浜がリアルに熱演したからこその、ある意味で“称賛”とも言える反応だが、横浜は「嬉しいです。でも、僕ではないのでキライにはならないでほしいですね(苦笑)」と語り、笑いを誘っていた。

広瀬すずさん

この日は、事前に寄せられた感想に登壇陣が回答! 最初の質問は、映画の中の少女時代の・更紗の“夕飯にアイス”を巡るエピソードにちなんだ「子どもの頃、やりたいけど周りに反対されてできなかったこと、反対されそうで言い出せなかったことは?」という質問。

「はい!」と最初に手を上げた松坂は「僕は昔漫画家を目指していて、小学生の頃に学習帳に好きな漫画の模写とかをしてました。それを机の中に溜め込んでたんですが、なぜか姉に見つかって、それを見た姉の一言が『絶望的にヘタクソだね』で…。その時に漫画家になる夢は捨てました(苦笑)」と告白。ノートは「泣きながらゴミ箱に入れました」と哀しい思い出を明かす。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル