top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

優しい甘さがクセになる「カヤジャム」【マレーシア】

ワウネタ海外生活


マレーシア人が朝のトーストにつけるもの、と言えば「カヤジャム」です。
ココナッツミルクを使ったジャムです。
こちらはマレーシアのお土産の定番でもあります。
材料はココナッツミルクに、卵と砂糖と、とてもシンプル。
これに、パンダンリーフ(緑のバニラのような香りの植物)を加えたバージョンも人気です。

マレーシアの人たちは朝ごはんに「カヤトースト」をよく食べます。
表面がこんがり色づくまで焼いたトーストに、3mmぐらいバターを塗ってカヤジャムを挟んだものです。
バターのしょっぱさとカヤの甘さがとてもいいバランスです。
カヤは甘さ控えめのカスタードクリームといった味でしょうか。
苦目のコーヒーとよく合います。


カヤジャムは、スーパーなどで簡単に購入できます。
ちょっと試すにはプラスチックに入っているパンメーカーが出しているものがいいでしょう。
缶入りは定番商品でお土産にも向いていますが、無添加なので早めに消費しなくてはいけません。

個人的には、フレンチトーストスタイルでいただくカヤトーストが1番美味しいと思います。
ただカロリーが非常に高いので、年に数回の自分へのご褒美で食べる程度にしておくことをおすすめします。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル