top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『IDORISE!! FESTIVAL 2022』2Daysで開催されたシブヤテレビジョンが主催するサーキットイベントから厳選してレポート<Day.1>

SPICE

オープニングは「OMONPAKARU」。メンバー全員が身につけているグローブから放たれる緑のレーザーや忙しなく動き回る照明の効果もあって、一気に脳内が覚醒。特にレーザーはメンバーの動きに合わせて不規則に動くため、心のざわつきが半端じゃない。

そんなこちらの状態はお構いなしに、彼女たちは曲間をビッチビチに詰めて音を畳み掛ける。「ミッドナイトドライブ」ではフリーキーに鳴り響くサックスが曲を牽引。サビのわかりやすい振付でフロアには振りコピが大量発生。<We are the デビアン>と宣誓する「あなたにANTHEM.」も激キャッチーだ。

さらに、「FEVER」の落ちサビでのマイクリレーではたしかな歌唱力も披露。ハードコアテクノなキックに終始頭がぐわんぐわんに揺らされたが、実はどの曲もメロディがいいし、強烈なトラックに負けない歌を届ける彼女たちの歌は強い。「by your side」を披露し終えたあと、MC最後の「ありがとうございました!」の裏で「ドーン!」と高らかに一発音を鳴して終わるのが、めちゃくちゃカッコよかった。2日間で一番の爆音だったが、決して不快ではなかった。そこにしっかり主張が込められていることが伝わってきたからだ。

クマリデパート

クマリデパート


クマリデパート


広告の後にも続きます

SEが鳴り出した瞬間に軽いどよめき。ステージ上に6人のメンバーが揃うと、一斉にハンドクラップが起こる。オープニングナンバーは「あみだ☆ふぉーちゅーん」。全員同じ振付がほとんどないのに、すさまじい連帯感を感じさせるフォーメーションがすごい。複雑に動き回りながら、アッパーかつ、トリッキーなポップソングを歌い上げる。スキルの高さが圧倒的である。

続く、「ウダガワ・ヨッキュー」は会場がある宇田川町の歌。楓フウカの歌が存在感を示すなか、ここでも6人のフォーメーションが際立つ。縦や横だけでなく、斜めのラインも実に美しい。ブレイクでビシッと揃う振りよかった。6人のシューズの音が客席まで鳴り響いた。衣装とMCはかわいいに全振りしつつ、パフォーマンスはキレと統率の塊。

「シャダーイクン」や「極LOVE浄土」といった大人気曲も、これまでは楽曲を楽しんでいただけだったが、空間を広く使ったフォーメーションが抜群のシンクロ率だということに気づくと違った興奮が湧き上がってくる。音が聞こえなくても、目だけでも楽しめるパフォーマンスだ。さらに、ラストに披露した変拍子ゴリゴリの「限界無限大ケン%」では、ステージ背後の壁一面にMVが映し出され場内がどよめくなか、6人は華麗に舞い、歌うのだった。いやぁ、すごかった。

Jams Collection

Jams Collection


Jams Collection


出番前、ステージ裏から体育会系ばりの気合の入った掛け声が聞こえ、それに対して観客が拍手を送る。Jams Collectionの登場だ。彼女たちはこの日2本目のライブとなる。「アイドライズ、Jams Collectionと一緒に盛り上がっていきましょう!」という挨拶とともに「プラネットナイン」でステージの幕は切って落とされた。

アッパーなオープニングナンバーからガラッと雰囲気を変え、続いてはエッジの効いたロックチューン「ブルーアワー」へ。この曲はライブでしか披露されておらず、まだ音源化されてない人気曲。狙っていたのか偶然なのか声の高いメンバーが揃っているため、ユニゾンでの統一感が気持ちいい。ステージ上はもちろんのこと、フロアも統率の取れた振りコピで応える。彼女たちに対するファンの熱が伝わってくる。

間髪入れずに放り込まれた「愛你」でさらにテンションは高まる。途中、グッとテンポを落とし、サビで再び高速になって横一列に同じ振付で踊る様は圧巻。一体感もすごいが、客席を巻き込んでいくパワーがすごい。場内の熱気で汗が吹き出してくる。

スリリングな「愛你」からどポップな「最先端フォーミュラ」という展開のつけ方もエグかった。しかも、この曲は一聴すると王道のアイドルソングのようでありながら、低音の強さなどサウンドのつくりで激しく踊らせる仕様になっているんだから手が込んでいる。あと、メンバーの背格好が全員近いせいなのか、並んだときの見栄えも美しい。シンプルな振付であればあるほど美しさが増す。

会場の熱量に後押しされるかのようにボーカルにより力が入ったのは「疾走ドリーマー」。そして、タイトルコールされた瞬間フロアがざわついたのはラストに披露した「サマーポップ」だ。この曲に出てくる<蒸し暑さが染め上げて>という歌詞は、彼女たちが作り上げたこの30分間を見事に言い表していた。

DIALOGUE+

DIALOGUE+


DIALOGUE+


オープニングSEからノリノリなフロアが待ち構えていたのはDIALOGUE+の8人。初っ端の「おもいでしりとり」から声の張りがどのアイドルとも違うことがわかる。さすが声優ユニットだ。彼女たちの武器はそれだけではない。曲中のギミックで聞かせる演技も当然ずば抜けている。「好きです」に詰まった想いがストレートに心を貫く。続く、「ドラマティックピース!!」に出てくる「はっ」のような本当に短いひと言でも大きな違いを生み出す。

それだけではない。歌のリズムが全員ピッタリなので、ユニゾンが実に心地よく響く。間髪入れずに突入した「大冒険をよろしく」でもチームワークのよさが伝わってくる。変幻自在なボーカルは「謎解きはキスのあとで」でも光った。明るくポップな曲調に合わせて声がずっと笑っているのだ。田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)をメインに制作される楽曲群もかなり高品質だし、何より彼女たちの声を聴いてるだけで元気が出てくる。卓越したボーカルテクニックがあるため、細かくパート分けされた歌のリレーも見事。もっともっと人気が出てもいいグループだということを再認識した。

#ババババンビ

#ババババンビ


#ババババンビ


ステージ背後の巨大スクリーンを使ったメンバー紹介で#ババババンビが登場。これまではライブ終盤でスクリーンを使うパターンが多かったので意表を突かれた。これは派手だし、インパクトがある。1曲目は「ばばばばんびずむ~!」。ももクロ「Believe」などメンバー全員の横移動が印象的な曲はいくつかあるが、これはそのひとつに数えられるのではなかろうか。のっけからグッとパフォーマンスに引き込まれる

#ババババンビはデビューから約2年。とはいえ、すでに初々しさはない。プロのパフォーマンスだ。彼女たちはビジュアルの高さに定評があるが(MCでは週刊ビッグコミックスピリッツで2度目の表紙を飾ることを発表)、決してそれだけではないのだ。

パッヘルベルのカノンをモチーフにした「カノン」は原曲とは異なり、激テンションの高いポップチューンに。「Clover」は切ないメロディが持ち味だが、メンバー全員に備わっている体のバネが躍動感のある楽曲へと押し上げている。コロナ禍にデビューしたグループがここまでのし上がってくるだなんて、一体どれだけの努力を積み重ねてきたのだろうか。コロナ禍デビュー組としてはぶっちぎりの実力だし、上の世代のグループもうかうかしていられない。名曲「⻘春ギルティ」を聴きながら、さらなる飛躍を予感した。

わーすた

わーすた


わーすた


昨年末に坂元葉月が脱退し、4人編成で年明けから素早く再スタートを切ったわーすたは、新曲「ミライバルダンス」の新衣装で登場。しかし、1曲目の「清濁あわせていただくにゃー」の冒頭でいきなり音が途切れるハプニング。だがそこは百戦錬磨のわーすた。慌てることなく余裕の対応を見せる。

4人編成になってまだ3か月も経っていないが、最新シングルのリリイベをとことん重ね、その中で既存曲を続々と4人バージョンに変えている真っ最中。ここで披露していく楽曲もまったく違和感がない。それどころか、「SHINING FLOWER」で聴かせる廣川奈々聖と三品瑠香の歌のパワーがすごい。MCでは会場の熱量に驚きつつ、「もう一回バグるぐらいの熱量でお願いします!」と小玉梨々華が先ほどのトラブルをネタにする。

「いいセトリ持ってきた」とMCで松田美里が胸を張っていたが、たしかにセトリは強かった。「アンバランス・アンサーズ」はタイトルコールからどよめきが起こり、新曲「ミライバルダンス」もすっかり馴染んでいる。お肉を焼きまくった「大志を抱け!カルビアンビシャス!」で声なしのコールアンドレスポンスを楽しんだあとは、安定感ばっちりの「プリティー☆チャンネル」で締め。客席に向かって丁寧に手を振って、ひとりひとり頭を下げてステージを去っていった。

STU48

STU48


STU48


巨大スクリーンに映し出される<STU48>の文字。この日のトリを飾るのは彼女たちだ。「overture」が鳴り響く中、ステージ中央に整然とスタンバイしたのは、石田千穂・岩田陽菜・高雄さやか・中村舞・福田朱里・立仙百佳の6人。そして、淡く光る照明に照らされる中、歌い出した、<夢力出そうぜ!>と。軽やかな躍動感と良質な楽曲で観客の心を掴んだあとは、彼女たちの地元・瀬戸内を歌った「STU48(瀬戶内ver)」の哀愁漂うメロディや、弾けるように明るい「STUフェスティバル」のパフォーマンスなどで緩急をつける。

MCを挟み、「暗闇」「思い出せてよかった」「僕らの春夏秋冬」と続くのだが、このブロックもいい曲だらけ。さらに、繊細に移り変わっていく照明がその魅力を増幅させていく。何より、その中で浮かび上がる6人の優しげな微笑み、上品な所作、ふわりと舞う衣装は、まるでスローモーションを見ているかのように美しく映え、場内を得も言われぬエモさで包み込んでいくのだった。

MCでは、メンバーそれぞれが「スクランブル交差点を渡りたい」など、こちらが思っていた以上に微笑ましい東京エピソードを披露しトークでもSTU感をたっぷり味わったあとは「ヘタレたちよ」へ。ラストは、<さぁ。一度くらい 何がなんだかわからないまま本気出せ!>と満面の笑みで背中を押され大団円を迎えたのだった。


取材・文=阿刀"DA"大志 撮影=真島洸

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル