top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『IDORISE!! FESTIVAL 2022』2Daysで開催されたシブヤテレビジョンが主催するサーキットイベントから厳選してレポート<Day.2>

SPICE

『IDORISE!! FESTIVAL 2022』


『IDORISE!! FESTIVAL 2022』<Day.2> 2022.03.13 渋谷6会場

シブヤテレビジョンが主催するサーキットイベント『IDORISE!! FESTIVAL 2022』、東京渋谷6会場(Spotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-nest / Spotify O-Crest / duo MUSIC EXCHANGE / WOMBLIVE)連動で二日間に渡り開催されたから本イベントから、各日程8組を厳選してレポートをお届けする。

NEO JAPONISM

NEO JAPONISM


NEO JAPONISM


DAY1はO-WESTで2階席後方までたくさんの拳を突き上げさせていたNEO JAPONISMが、DAY2はメインステージO-EASTに登場。パフォーマンスを観ていて気づいたのは、彼女たちは発声からしてロックだということ。しかも、みんな上手い。ダンスにしても、フォーメーションを揃えるというよりも、それぞれの個性をダダ漏れさせることを重視しているように見える。熱量の届け方もそれぞれ異なる。体全体で、歌声に乗せて、心に秘めて。初見でもメンバーの特徴を掴みやすいのはそのせいかもしれない。

広告の後にも続きます

ライブは、滝沢ひなのが「クラップ!クラップ!」と舞台袖から走り出して前のめりにフロアを煽りつつ、1曲目「Buster Buster」からスタート。デジタルノイズ混じりのVJ映像がグループの世界観を増幅する。瀬戸みるかはtheアイドル的な歌声を持っているが、だからこそこの曲の落ちサビではエモさが増す。自分たちがステージに立つ理由を証明するかのようなラウドチューン「NO FIGHT NO DREAM」で胸を掴まれたあとは、クールなサウンドとシリアスなメッセージを届ける「TRAUMA」。実は、振りに歌舞伎を取り入れたり、エンタメ度も高い。サビでステージ後方から一斉に照らされるバックライトがカッコよかった。

彼女たちも自分たちと同じように日々もがきながら生きている。闘っている。だからこそ、<すすめすすめすすめ どうせ明日がくるなら>と歌う「すすめ」で見せる必死なパフォーマンスがこれほどまでに胸に響くのだろう。あとで知ったのだが、これは滝沢ひなのが初めて作詞作曲を手掛けた曲だという。素晴らしい。泥臭さと洗練が上手くミックスされたステージだった。

我儘ラキア

我儘ラキア


我儘ラキア


<RAKIA in the house>というリフレインとともにステージに現れたのは我儘ラキアの4人。「最高な1日にしようぜ!」とフロアに向かって呼びかける星熊南巫。彼女のボーカルにはのっけからぶっ飛ばされた。

ボーカルパートにおいて星熊と双璧をなすのはMIRIのラップ。「New World」で、ステージ後方から前に出てきてラップをかます見せ方がいかにもヒップホップ的でさすがに上手い。ラキアはボーカルだけ聴いているとロックだが、海羽凜と川﨑怜奈という2人のダンスがあることで女性らしいセクシーさが加わる点も見逃せない。そこがラキアの唯一無二の武器だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル