top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

お散歩中の犬が何かを咥えている→子猫でした 衝撃的な出会いを果たした2匹の、超絶仲良しライフをご覧あれ

Jタウンネット

自慢して!あなたのおうちの「仲良しさん」

第1回 栃木県・Nさんちの「はな」と「ニト」

互いに仲の良い動物たちって、どうしてこんなにカワイイんだろう――。

今回、編集部に「自慢」してくれたのは、栃木県の読者・Nさん。柴犬の「はな」と猫の「ニト」と一緒に暮らしている。

こちらが「はな」と「ニト」。仲良く並んでカメラを見上げる二匹の出会いは、とても衝撃的なものだった。

「生まれたてのニトがレジ袋に入れられて捨てられていたところを、散歩中のはなが咥えて持ってきたのがきっかけです」(Nさん)

母親のようなはなにべったり

「はなが咥えてきたレジ袋には、ニトを含め4匹の子猫がいました。
はなは、4匹の子猫のお尻を舐めて排泄を促したり、1匹ずつ自分の寝床に咥えて運んだりしてお世話をしていました」(Nさん)

広告の後にも続きます

はなは子猫たちにとって母親のような存在になり、彼らがミルクを欲しがって鳴き出すと、「ク~ン」と鳴きながらNさんに助けを求めたこともあったそう。

最終的に、4匹いた子猫のうち3匹は里親が見つかり、ニトだけがNさんの家に残ることになった。ニトは母親のように接してくれたはなのことが大好きだという。

「はなが行くところにいつもニトがついて行きます。
はなが散歩に行く時、ニトはお留守番となってしまいます。ニトを置いて玄関を出ると家の中からご近所迷惑ではないかと思うくらいのニトの大きな鳴き声が聞こえてきます」

散歩から帰ってくると、ニトははなに抱き着いてくるとか。もう、愛があふれすぎている。

捨てられていたところを助けてくれた「恩犬」を独占できるんだから、ニトがべったりなのは仕方ないのかもれしない。これからも2匹で楽しい毎日を送ってね!

あなたのお家の「仲良しさん」、Jタウンネットで自慢してみませんか?

あなたの家で暮らす「仲良しなペットたち」のことを、ぜひ教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル