top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

YouTuber柚葉が「ゆっくり茶番劇」商標を抹消登録申請 騒動に乗じた「虚偽の流布」の存在も報告

J-CASTニュース

「ゆっくり茶番劇」を商標登録したと騒動になっているユーチューバー・柚葉さんは2022年5月24日、当該商標について23日付で抹消登録申請を行ったとツイッターで明らかにした。

「本来の目的を全うすることが困難となった為」

柚葉さんは、商標「ゆっくり茶番劇」(登録第6518338号)の抹消登録申請を行ったと発表した。理由については、「関係者等に対する誹謗中傷及び名誉棄損・虚偽・捏造された情報の流布により本来の目的を全うすることが困難となった為」だとしている。

投稿には、「放棄による商標権抹消登録申請書」を写した画像が添付されている。書面の商標権者や代理人の名前等は伏せられている。また、この画像の無断使用を禁じる旨が書き入れられていた。

商標「ゆっくり茶番劇」は2月 24日に登録されていた。しかし「ゆっくり茶番劇」は、同人サークル「上海アリス幻樂団」が手掛ける作品群「東方Project」の二次創作から発展した動画ジャンルとして、ファンらの間で知られている。ニコニコ動画でも一定の人気を誇り、キーワード検索をすると騒動以前に投稿された動画は2000件を超える。

第三者にあたる柚葉さんは15日、「ゆっくり茶番劇」の商標権を取得したとツイッターで報告。権利は「柚葉企画」という会社で有するとした。なお、国税庁法人番号公表サイトでは、「柚葉企画」が検索でヒットしない。また現在は撤回されているものの、商用利用には10万円の年間使用料を要求すると主張していた。

広告の後にも続きます

ネット上では柚葉さんを批判する声が相次ぎ、一部では誹謗中傷も寄せられていた。さらには「ゆっくり茶番劇」の商標登録出願を担当した海特許事務所にも爆破予告が行われていた。

柚葉さんは抹消登録申請書を公開した後のツイートで、「商標登録騒動に乗じて下記のような事実と異なる虚偽の流布が散見されております」として「関係者と対談した」「関係者と対面した」の2つをあげている。その上で「柚葉企画メンバー(リーダー・編集者・執筆者・その他関係者)含め守秘義務を課しており外部への情報流出や取材等にお答えすることは一切御座いません」と断じている。

TOPICS

ジャンル