top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

空気階段・鈴木もぐら「人生で名字が5回変わった」「父親にスロットの目押しを教えられた」壮絶な人生を告白

Quick Timez

(※画像はイメージです)

5月23日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)。

この日の放送では、お笑いコンビ・空気階段がゲストとして出演。

人気急上昇中の2人の「真の姿」に迫った今回ですが、2人とも強烈なエピソードが続いたことから注目が集まったようです。

「人生で名字が5回変わった」空気階段・鈴木もぐら、壮絶な人生を告白

広告の後にも続きます

5月23日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)。

この日の放送では、お笑いコンビ・空気階段がゲストとして出演。

今回は、令和最強コント師とも呼ばれ現在人気急上昇中の2人の「真の姿」に迫るべく、今までの半生を振り返るコーナーが特集されました。

鈴木もぐらさんは自身の半生について聞かれると、「名字が5回変わってまして…」と切り出し序盤からスタジオを驚かせます。

名字が変わった理由として、最初の父親の姓である白鳥から離婚した母親の旧姓で芸名でもある鈴木になり、母親の再婚・離婚でまた名字が変わり、現在は妻の姓になっているという遍歴も赤裸々に公表。

さらに最初の父親も強烈な人物だったようで、「1人目の親父は本当にギャンブルが大好きで、唯一教えてもらったのがスロットの目押しでした」「フィリピンパブによく連れて行かれて、女の子の気を引くために『おどるポンポコリン』を歌わされた」など、衝撃のエピソードを連発します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル