top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】軽いキスや首筋、耳朶は許すが…「男をあしらう手順」

幻冬舎ゴールドライフオンライン

体をこのように寄せ合ってもよいとは彼女の基準に則っていることで、それ以上には深入りしない関係というものを持続させると決めていたのだろう。今もって彼女が設けていたと思える基準がはっきりとはわからない。

逆に彼のほうがリビドーに駆られて元気よく迫るといった態度を見せない時には、彼女のほうから来栖を積極的に誘惑するしぐさを見せることもまれにある。その折には、言葉でも彼に迫る勢いを見せるのだがいつも最後の一線は男に許さない。

よくいわれる「女は謎」という感懐は男にとってありふれた表白だが、真理とのさまざまなつき合いを通じ、彼のほうで思いつくのはいつもこの言葉だった。会った後の別れの場では、いつもこの感触だけが残るばかりだ。

それでも彼女は来栖の誘いにはいつも乗ってくるので、結果として短期に終わったが二人は淡々とつき合いを続けた。体の関係もないのでかえってわだかまりがなくて、仲間意識の親しみが徐々にわいてくることにもなる。結婚というような終着駅にまで絶対に行きつくことはないという安心感からか、その頃の来栖は真理にだけは何でも話せる心持になることがあった。

葛城も加わり三人でつき合っていた時にも彼女はどちらかというと寡黙で、葛城と来栖が交代で話題作りに励むという形が多かったが、二人きりになってもそれに合わせて彼女のほうは話の発端だけはよくしゃべり、あとは聞き役に徹して親身によく来栖の話を聞いてくれた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル