top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

曳航中の観光船「KAZU1」が落下、海中約180mに… 再びつり揚げへ

ABEMA TIMES

 北海道・知床半島沖で沈没し引き揚げに向けて曳航されていた観光船「KAZU1」が、海中約180メートル下に落下した。

【映像】現場の様子

 第1管区海上保安本部によると、午前8時から午前10時ごろ、ベルトにくくりつけられ曳航されていた観光船「KAZU1」が何らかの原因で落下した。無人潜水機を使って調べ、午前11時半過ぎに水深182メートルの地点で船体が沈んでいるのを確認したということだ。

 今後、再び飽和潜水によるくくりつけ作業が行われ、船体のつり揚げに着手する予定。
海上保安本部などが落下の詳しい原因を調べている。

 先月23日に沈没し水深120メートルの地点で発見されていた「KAZU1」は、作業台船「海進」により水深約20メートルまでつり上げられ、斜里沖へ向け曳航され、きょうにも作業台船の上に引き揚げられる予定だった。
(ANNニュース)
 

広告の後にも続きます

【解説】「飽和潜水」で捜索も…行方不明者どこに?

TOPICS

ジャンル