top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

グランジ遠山MC「69号室の住人」初の公開収録!ロックバンド「ヒトリエ」に愛を叫ぶ!?

TOKYO HEADLINE

 芸能界屈指の音楽好きで知られる遠山大輔(グランジ)がMCを務め、“日本で1番自由な音楽番組”を標榜するTOKYO MX「69号室の住人」。放送開始から間もなく3年目に突入する同番組が、このたびスタジオから飛び出して初の公開収録を敢行した。ゲストアーティストにロックバンド「ヒトリエ」を迎え、遠山とのトークからライブまで生で体験できる特別なプログラム。会場のライブハウスに「TOKYO HEADLINE」編集部が潜入した。

◆ ◆ ◆

 さまざまなクリエーターやアーティストが集う「69号室」で、住人の遠山がゲストアーティストとここでしか聞けない話を繰り広げる「69号室の住人」。今回の公開収録ではライブハウス「渋谷WWW」に「69号室」のセットが再現され、会場に足を踏み入れた視聴者から静かな熱気が伝わってくる。早速、MCの遠山が登場するも、いつもと勝手が違う「69号室」にあたふた。

「初の公開収録でどうやって入ろうか考えた結果、入る場所が分からず右往左往することになりました(笑)。改めまして遠山です!」

 この日が2回目の出演となる「ヒトリエ」も、観客がいる状態は初めてとあってシノダ(ボーカル・ギター)の「お互い頑張りましょう!」というかけ声に、イガラシ(ベース)とゆーまお(ドラムス)が「頑張ります!」「やります!」と気合を入れる。

広告の後にも続きます

 会場の「渋谷WWW」は約8年ぶりというシノダが「階段の角度と段差がえげつない」と感想を漏らし、「久しぶりに機材を持って往復した時、“俺たちはこんなことをやっていたのか”と信じられなかったけど、いざ会場に入ってみるとカメラはあるわ、セットはあるわ……スタッフの皆さんは一体何往復したのか」と驚きの表情。遠山が「ゆーまおさんが運ぶものというと……」と聞くと、ゆーまおはさらりと「あれ(ドラム)全部です」と答えて遠山が「えっ!?」と絶句するひと幕も。

 前回出演時に“トークは苦手”と語っていた「ヒトリエ」のMC事情や、昨年の全国ツアー「Amplified Tour」ファイナルでシノダが転倒した際のエピソード、3人体制になってからの制作スタイルの変化についても語る。

 今月25日にニューシングル『風、花』、6月22日にニューアルバム『PHARMACY』の発売を控える「ヒトリエ」。遠山は「気が早いんですけど、アルバムが出るタイミングにまたこの番組でお会いしたい」と熱いラブコールを贈るもなぜかテンションの低いシノダに「僕、ものすごく人柄も音楽も好きなのが伝わってませんか?」と猛プッシュ。「今日で会うの3回目じゃないですか。人からそんなに好きって言われるのに慣れてない……」とタジタジのシノダに、遠山は番組のスピンオフ企画として「『シノダ、渋谷にナンパに行く』をやりましょう!」とプレゼンする。

 その後、舞台を転換して「ヒトリエ」ミニライブを開催し、3人体制になって初めて制作した楽曲『3分29秒』、遠山いわく“かわいい”打ち込みのイントロが耳に残るニューシングル『風、花』を披露。鳴り止まぬアンコールに応えて急きょ遠山がお気に入りの楽曲と話していた『Marshall A』を演奏するなど会場のボルテージは上がりっ放し!

 収録後の興奮冷めやらぬ遠山に話を聞くと「ライブがめちゃくちゃ最高でしたね。予定になかった曲まで披露していただいて、その場で一番ドンピシャな曲を選曲して演奏してくれた3人に本当に感謝しています。ヒトリエの皆さんも“このスタイル、すごくいいですね”っておっしゃってくださいました。収録ですけど一発勝負の生演奏でヒリヒリ感もあって」と絶賛。

「ヒトリエ」の魅力を「1回目の出演の時から大好きなのですが、何より音楽が格好いいことと、それを作ってる人たちがひょうひょうとしてたり、恥ずかしがり屋なところがあったりするギャップが好きなポイントです。今回もいつも通り面白い3人の話が聞けて、さらに振り幅を振り切った格好いい3人も見ることができるので、ぜひ楽しみにしていただきたいです」とアピールした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル