top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「健康のため」のはずが歩行困難に…ランニングでのケガを防ぐ「たった1分」の予防法【専門医が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

健康のためにランニングを始めたら、走っている最中急に膝が痛くなった……ランナーにとって、このような経験はけっして珍しいものではありません。しかし、場合によっては歩行困難になってしまうリスクもあると、世田谷人工関節・脊椎クリニックの塗山正宏先生はいいます。本記事では、こうした「ランナー膝」の対処法と予防法について解説します。

走ると急激に膝が痛む「ランナー膝」の原因

走っているときなど、膝の外側が急激に痛くなる、いわゆる「ランナー膝」……特に、長距離を走ったあとなどに起こりやすいスポーツ障害で、プロのマラソン選手だけでなく、一般の人たちのあいだでも決して珍しい症状ではありません。一体、なぜ起こるのでしょうか。
 

正式名称は「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」

ランナー膝とは通称で、正式には「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」といいます。「腸脛靭帯」とは、太ももの外側に走っている靭帯のこと。[図表1]のように、腸脛靭帯は腸骨(=骨盤の骨)から始まって、脛骨(=すねの骨)に付着している、大きな組織です。

[図表1]腸脛靭帯

人間が走っているとき、膝は伸展と屈曲を繰り返します。そのたびに腸脛靭帯と、大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか=膝の外側上方にある骨のでっぱり)が擦れ、摩擦が生じます。そのため、接触面が炎症を起こし、膝の外側にズキズキとした痛みを生じさせてしまうのです。これが、「ランナー膝」が起こるメカニズムです。

「ランナー膝」は、ランニング初心者や長距離ランナーに多い

ランナー膝が起きやすいのは、次のような人たちです。

・陸上競技をしている人。特に長距離ランナー、マラソンランナー
・ランニング初心者
・脚の筋力が弱い人
・過度な練習をしている人
・O脚などで膝の外側に負担がかかりやすい人

広告の後にも続きます

「ランナー膝」の初期は、運動中や運動後に痛みを感じます。特に膝を踏み込んだとき、膝の外側にいやな痛みを感じることが多いでしょう。初期では走っているあいだだけ痛みが現れ、安静にしていると痛みが消えますが、症状が悪化すると、歩行時や安静時にも膝の外側に痛みを感じるようになります。

「ランナー膝かもしれない」と思ったら、次の項目をチェックしてみましょう。ひとつでも当てはまったら、ランナー膝の疑いがあります。

・運動中や運動後、膝の外側に痛みを感じる
・主に下り坂を走るときに、痛みが強くなる
・久しぶりにマラソンを始めたら、膝の痛みが出るようになった
・ある程度の距離を走ると、痛みが出る
・特に、脚を伸ばすときに膝の外側に痛みを感じる

「ランナー膝」より重症…間違いやすい3つの症状

長距離を走っているときや走ったあとなどに膝の周辺に痛みが生じるのは、ランナー膝だけではありません。実は、違う原因が隠れていることもあります。

よくランナー膝と間違いやすい疾患や障害には、次のものがあります。

1.変形性膝関節症

膝関節のクッションとして機能している軟骨が、加齢や筋肉量の低下などによりすり減って痛みが生じる病気のことを「変形性膝関節症」といいます。中高年になると、膝の周辺に痛みを感じる人が増えますが、これらのほとんどがこの変形性膝関節症によるものです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル