top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三角関数は学びたい人だけでいい?日常生活で使う使わないを基準にすべき? 維新議員の問題提起から考える

ABEMA TIMES

 「貴重な10代の大事な日々をsin、cosに捧げておりました。受験の翌日以降、この20年ほどsin、cosは一度も使っておりません。あの日々は一体なんだったのか」。

 17日の衆院財務金融委員会で文部科学官僚を相手にそんな問題提起をしたのは、日本維新の会の藤巻健太衆議院議員だ。

【映像】「三角関数より金融経済」発言に賛否

 自身は数学が得意で、三角関数の学習自体を否定するつもりはないとした上で、「全国の高校生にがっつりと教え込む必要があるのか。その分野に進む人たちが専門知識として学ぶものではないか」と主張、資源もなく、少子高齢化が進む日本が発展を続けるためには金融立国、ひいては金融教育の充実が重要だと訴えた。

 まず「三角関数」について振り返っておこう。オンライン個別指導学習塾「永野数学塾」の永野裕之塾長は次のように説明する。

広告の後にも続きます

 「直角三角形の場合、直角以外の内角のどちらかが同じ角度であれば、形として同じ(相似)になる。古代ローマのプトレマイオスが、見上げる角度によって星の位置を把握しようと、それを応用したのが始まりだ。そして直角以外の角度で決まる各辺の比のことをsin、cos、tanと呼ぶようになった。これが三角関数になる前の三角比だ。つまり、“自分は今どこにいるのか”という人類の根源的な欲求を満たすものとして発明されたということだ。

 しかし直角三角形にこだわっていると、使える角度が0°〜90°の間だけになってしまう。そこで円の中の座標を表す三角関数に拡張された。そのグラフは円運動、同じ動きを繰り返すことになる。つまり波だ。これにより、手前のことが分かればものすごく遠くのことも分かることになる。さらに大学でフーリエ展開を勉強すると、実は全ての曲線が三角関数の組み合わせで表現できることがわかる。そういうおもしろさ、可能性を秘めた関数だといえる」(永野氏)。

■「理解できるものを見つけ、それを深掘りしていった方がいい」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル