top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『クラフト餃子フェス』はただの食フェスではない!? 餃子の文化とトレンドを発信する、こだわりと愛情が注がれて生まれた餃子の祭典だった

SPICE

『クラフト餃子フェス 2022』


クラフト餃子フェス
2022年4月29日(金・祝)~5月8日(日)駒沢オリンピック公園 中央広場

2022年になってゴールデンウィークには、コロナ関連の様々な規制がやや解除され、様々なフェスやイベントが「待ってました!」という感じで数多く開催された。そんな中、今回は世田谷の駒沢オリンピック公園で開催された少し珍しい『クラフト餃子フェス』を紹介しよう。一緒に会場を回り食レポしてくれるのは、お嬢様モデルとしても話題のデコウトミリさん。


コロナのお陰で辛抱に辛抱が続いた日常から開放されたゴールデンウィーク。取材は5月2日(月)、気温低めの晴天。休日に挟まれた平日でありながら、駒沢公園の中央広場はたくさんの来場者で賑わいを見せている。ぐるっと会場を見回すと、昼時ということもあってか、全国から集った餃子ブースには長い行列ができている。お客さんは若い女性(20代~30代くらいかな?)が多いかなという印象。真ん中辺りのテーブルは餃子とビールで大いに盛り上がっている。ガツガツ餃子を頬張っている男性の姿を想像したが、見かけないなぁ……。


今回のこのフェスには、餃子に加えて、肉饅頭、小籠包、チャーハンなど16店が出店。そして今回のフェス限定のクラフトビールやデザートなど全部で20のブースが連ねている。こりゃーボリューム満点だ。

広告の後にも続きます

早速、デコウトミリさんにも召し上がっていただこう。と、その前に質問。

――餃子は好きですか?

「はい! 大好きです。でも、餃子専門店とかは行ったことがなくて……。でも中華料理屋さんに行ったら、たいてい注文します。今日はいろんな餃子が食べられると聞いて楽しみでした」

――食レポの経験は?

「それが一度もないんです。今回が初めてで……。ちゃんとできるか不安なんです」


ハードルを下げつつ、理想的な返事をいただいたところで、今回は編集部が選んだ5種類を食レポしてもらおう。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル