top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シス・カンパニー『ザ・ウェルキン』で初めて翻訳戯曲を演出する加藤拓也に聞く~ジェンダーロールへの先入観と向き合う作品

SPICE

加藤拓也



シス・カンパニーが、2022年7月から8月にかけて東京・大阪で、ルーシー・カークウッドの戯曲『ザ・ウェルキン』を上演する。演出を加藤拓也が手掛け、翻訳は徐賀世子、出演には吉田羊、大原櫻子、鷲尾真知子、梅沢昌代、那須佐代子、峯村リエ、明星真由美、那須凜、西尾まり、豊田エリー、土井ケイト、富山えり子、恒松祐里、土屋佑壱、田村健太郎ほか、声の出演に段田安則といった実力派が顔を揃える。

日本でも上演されて話題となった『チャイメリカ』でローレンス・オリヴィエ賞最優秀作品賞を受賞した、英国の若手劇作家であるルーシー・カークウッドの2020年に発表された新作の演出に挑む加藤にとって、翻訳戯曲の演出を手掛けるのは本作が初となる。その思いを加藤に聞いた。

シス・カンパニー公演『ザ・ウェルキン』出演者たち



 

■翻訳劇は言語感覚が違う

――加藤さんはこれまでご自身が書いた戯曲、それから三島由紀夫や安部公房といった日本の作家が書いた戯曲の演出は手掛けてこられましたが、今回初めて海外の翻訳戯曲を演出されるということで、現時点で何かこれまでとの違いや難しさなど感じていることはありますか。

広告の後にも続きます

僕の場合、いわゆる現代口語演劇と呼ばれる演劇を書いて演出してきましたが、翻訳劇となるとやはり言語感覚が違うじゃないですか。

――逆に、翻訳劇だからこそ楽しみにしている部分はありますか。

そもそも演劇を楽しんでできるか、というのはまず第一です。あとは俳優の皆さんもいろんな出自の方が集まっているので、一回目の読み合わせは読み合わせになるのだろうか、と思います。早く皆さんの声で聞いてみたいですね。俳優の声で聴くと、当たり前ですが、読んだだけじゃわからなかったことが見えてきたりもするので。

――実際に本読みで音を聞いたときに、よくも悪くも自分が思っていたのと違う音で読まれるということはよくあるのでしょうか。

それは普通にありますが、僕が考えているものと違うものが出たからといって単純にいい悪いに直結はしないですし、物語として必要なニュアンスで面白いものが出てくるのはいいことですよね。
 

■一般化されていないものに対して偏見の助長にならないようにする

――ルーシー・カークウッドはイギリスの若手劇作家として日本でも何作か上演されてきました。加藤さんから見て、どういう作家であると思われますか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル