top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奥田民生、Saucy Dog、スピッツが競演ーーZepp Namba(OSAKA)10周年企画『ここからLIVEができるなら -Spring lucky Monday-』で感じたライブができている喜び

SPICE

『ここからLIVEができるなら -Spring lucky Monday- Zepp Namba (OSAKA) 10th ANNIVERSARY』 撮影=河上良


『ここからLIVEができるなら -Spring lucky Monday- Zepp Namba (OSAKA) 10th ANNIVERSARY』2022.4.25(MON)Zepp Namba (OSAKA)

コンサートプロモーターのプラムチャウダーが主催するイベント『ここからLIVEができるなら-spring lucky Monday-』。Zepp Namba(OSAKA)10周年を記念してのイベントでもあるが、タイトルからして、この2年間のコンサートを取り巻く状況への熱い想いが感じられる。出演は奥田民生、Saucy Dog、スピッツ。

Saucy Dog

Saucy Dog


広告の後にも続きます

トップバッターはSaucy Dog。石原慎也(Vo.Gt)、秋澤和貴(Ba)、せとゆいか(Dr)がゆっくりひとりずつ登場する。ストレッチ的に腕をしっかり伸ばす姿からも、大試合のライブに挑む良い意味での緊張感が漂っている。1曲目は「煙」。緩やかなギター入りからして、切なさを感じる。石原の「大阪~!」なんていう何でもない観客への呼びかけからも、爽やかな疾走感が伝わってきた。続く「シンデレラボーイ」も「煙」からの緩やかさを感じながら、<夜な夜なゆらゆらいでも>といった言葉たちが、すーっと沁みてくる。リズム隊が刻むビートも気持ち良い。

Saucy Dog


MCで石原は、プラムチャウダーが2014年に大阪城ホールで開催したイベント『仮面チャウダー ~YAJIO CRAZY~ チャウ大ユニバーシティインターナショナルコラーゲンハイスクール』に行っていたことを明かす。この何気ない思い出だが、それによって演者がグッと想いを持っているイベントだという事が、しっかりと我々に届く。せとのMCからも、とにかく真っ直ぐな想いが届けられる。もちろん音にも表れていて、3人が丁寧に丁寧に一生懸命に音楽を紡いでいる。大御所2組と共演して、大御所2組のファンの前でライブする事への緊張を感じつつも、だからこそ大舞台を心から楽しみたいという強い気持ちが根底にあった。

Saucy Dog


「ここにいるあなたに!」という石原の颯爽とした語りかけから鳴らされた「ゴーストバスター」は、最もリズミカルであり、観客への鼓舞にもなる激しさもあって、よりグッと耳を傾けられた。「知らない人もいるでしょうけど、自分なりの楽しみ方で楽しんで下さい!」と言って、そのまま「雀ノ欠伸」へ。その場で聴いていても、明らかにここの流れは確実に乗っていた。石原が手拍子を煽ったら、すぐさま観客から手拍子が返ってきた事からも、会場の空気がひとつになっている事がわかる。

ラスト1曲前「いつか」に行く前に、石原は腰の辺りをパンパンと叩き、足を踏み鳴らした。せとの腕を伸ばす姿を先程書いたが、こういうちょっとした仕草から異様な緊張や異様な闘志が感じられる。だからこそ、生の舞台はおもしろいし、とてつもなく痺れる。壮大なメロディーにつぶやく様に歌っていくが、物凄く気合いが入っていることが手に取る様にわかる。サビへ行く直前に少し沈黙があり、真っ暗になり、そこから石原にピンスポット照明が当たってから歌うのは、まさしく聴きどころだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル