top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エロティックSF漫画『終末のハーレム』|原作と無修正版アニメの魅力を解説

ホンシェルジュ

『終末のハーレム』はWebコミック配信サイト「少年ジャンプ+」で連載されているSFハーレム漫画です。成年漫画並みの攻めた性的描写と、複数の視点から徐々に進行するサスペンス展開が読者の支持を集めています。既刊は15巻で、絶大な人気からスピンオフが制作されたほど。
2022年にはテレビアニメ化もされた人気作『終末のハーレム』の原作漫画について、作品の魅力や見所、アニメのおさらいを行っていきたいと思います。

エロティック&サスペンスSF!漫画『終末のハーレム』の魅力と見所を紹介

『終末のハーレム』は集英社のジャンプ・コミックス+で発売されているLINK・原作、宵野コタロー・作画の少年漫画。2016年5月にWebコミック配信サイト「少年ジャンプ+」で連載がスタートし、現在は第2部『After World』(単行本タイトルは『終末のハーレム』のまま)が連載中です。

本作は男性がウイルスでほぼ死滅し、女性だけの社会になった近未来の地球を舞台として、数少ない男性を巡って陰謀が交錯するSFサスペンスとなっています。

少年漫画の枠を超えた過激な性的描写と、複数の視点から語られる巧みなストーリーが特徴。シリーズ累計発行部数700万部(2022年1月時点)を超える人気作品で、2019年のOVAを経て2022年1月にテレビアニメが放映されました。

この記事ではそんな人気漫画『終末のハーレム』について、作品の魅力とストーリーの見所をご紹介したいと思います。

ちなみに『終末のハーレム』は本編の他、世界観がまったく異なるファンタジー漫画『終末のハーレム ファンタジア』、異世界転生漫画『終末のハーレム ブリタニア リュミエール』という2つのスピンオフ作品があります。本編との関連はありませんが、『終末のハーレム』にどっぷりハマった方はこちらもオススメです。

著者[“宵野 コタロー”, “LINK”] 出版日

広告の後にも続きます

また、アニメ版も配信されていて、過激なシーンをモザイクなしで公開するいわゆる「無修正版」はU-NEXTで視聴ができます。初月無料で利用可能なので、気になった方はこちらもチェック。

U-NEXTで初月無料で楽しむ【PR】

漫画『終末のハーレム』はディストピア世界のハーレムSF【あらすじ】

細胞硬化症という難病に冒された主人公の水原怜人(みずはられいと)は、将来的に特効薬が開発されることを期待して冷凍睡眠処置を受けます。数年後、治療法の確立で怜人は蘇生しますが、彼が眠っていた間に凶悪なウイルスが蔓延し、地球上の男性はほぼ死に絶えていました。

突然の状況に困惑する怜人。追い打ちをかけるように、変わり果てた世界で怜人をサポートする周防美来(すおうみら)から、さらに驚愕の事実が告げられます。怜人はなぜか、男性だけを殺すMKウイルスの免疫を持っていました。

免疫に着目した国際連盟UWは、女性のみになった地球文明を元通り復興させるため、怜人を含む5人の免疫保持者を利用した「メイティング計画」を発動。怜人は人類存続のため、女性と子作りしなければいけなくなったのです。

著者宵野 コタロー 出版日2016-09-02

漫画『終末のハーレム』物語の鍵を握る主要キャラクター

『終末のハーレム』には多くのキャラクターが登場します。中でも重要なポジションにいるのが、主人公の水原怜人とメインヒロインの周防美来、橘絵理沙(たちばなえりさ)の3人です。

  • 1
  • 2