top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

来日トム・クルーズ「『トップガン』続編を作る決断は容易ではなかった」60歳で変わらぬ魅力の秘訣も

TOKYO HEADLINE

 

 映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見が23日、都内にて行われ、主演トム・クルーズと、製作のジェリー・ブラッカイマーが登壇。約4年ぶりに来日したトムが本作への熱い思いを語りつくした。

 1986年公開の映画『トップガン』から36年ぶりの続編となる最新作。前作に続き、トムが演じる伝説的パイロット・マーヴェリックと若きパイロットたちが大空を舞台に熱きドラマを繰り広げるスカイアクション。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』以来、3年10カ月ぶり通算24回目の来日となったトムは「絶対に日本に行くから心配しないでとずっと言っていたんです」と、にこやかな笑顔。

 36年を経ての続編製作を決めた理由についてトムは「理由はもちろんファンのため。80年代からずっと続編を望まれていたけど準備ができていなかった。ジェリーと僕は、どんな続編を作ればいいのか何年も考え続けていました」と長年、続編製作が念頭にあったことを明かした。
 
『トップガン』と同じ精神を持ちつつ、単なる続編ではないものを作りたかった、と振り返った2人。本作では俳優たちが実際に、海軍パイロットが操縦する戦闘機F-18に搭乗。ソニーが本作のために開発したカメラ6台をコクピットに設置し、リアルな飛行シーンを撮影した。

広告の後にも続きます

「俳優たちは3カ月ものトレーニングで7~8Gに耐える訓練を受けました」と明かしたプロデューサー、ブラッカイマーは「最初の『トップガン』のときも俳優たちをF-14に乗せたんだけど、映像が使えたのはトムだけだった。他の俳優たちは吐くか失神してしまったんだ」と明かし、トムも懐かしそうに苦笑。

 実際にパイロットの免許を持つトムは「自分でも曲芸飛行をしたりして実際に飛びながら、どんな映像でどんな物語を伝えるか考えた」。作り上げたイメージを実際の戦闘機を使って撮影すべく、トム自らキャスト、スタッフに徹底したブリーフィングを実施。イメージと違えば再撮影もいとわなかったという。

「撮影して、再撮影して、また撮影した(笑)」とトムが笑うと、ブラッカイマーも「トムと仕事をするということは“本物”を撮るということ(笑)」。

 

 7月3日で60歳を迎えるトム。報道陣から「変わらず輝いている秘訣は」と聞かれると「常に一生懸命仕事をすること。なぜなら自分は夢を生きられる幸せな人間だから。そして、常に高みを目指す努力をする。『ラスト サムライ』のときは1年間、毎日5時間トレーニングをしました」。ブラッカイマーも「トムはアスリートのようにトレーニングするんです。とにかくわれわれ2人とも自分たちの仕事が大好きなんです」と笑顔。

「僕は常に観客の皆さんに作品がどう受け止められるか、楽しんでもらえるかを考えています。とくに今回は多くの人に望まれた作品だったので、がっかりさせたくなかった。本作を作るという決断は容易なことではありませんでした」と振り返ったトム。「このような状況だからこそ映画を見て笑顔になってもらいたい」。会見後の退場時には、カメラの向こうのファンを指差し、ハートマークを作って胸に手を当てるジェスチャーで日本のファンへの愛を伝えていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル