top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東海道新幹線の座席、どこが一番好き? 須田亜香里は「3列シートの窓側派」…ソロ公演で明かしたこだわり

J-CASTニュース

SKE48の須田亜香里さん(30)が2022年5月20日、名古屋市内のホテルでギターの弾き語りによるソロライブを開いた。JR東海の支援を受けて「『あかり』も『のぞみ』も30周年!」と題して開かれ、鉄道にちなんだ楽曲も多く披露された。須田さんは新幹線の座席の選び方の持論も展開。終盤には東海道新幹線のパーサー姿で登場し、160人のファンを沸かせていた。

ソロライブは21年11月の東京・渋谷に続いて2回目。渋谷公演は、30歳という年齢とグループ卒業との葛藤で涙を流す場面も多かった。それから半年が経った今回の名古屋公演では、ギターも上達。ギターの電池が切れるハプニングはあったものの、「未完成だからこそみんなが見守っててくれるから、自分の人生は嫌いじゃないです」と笑顔を見せていた。

「恋チュン」の頃から「新幹線にたくさん乗るようになった」

東海道新幹線に「のぞみ」が走り始めたのは1992年3月14日。須田さんは、その7か月半後の92年10月31日に生まれている。ソロライブの特設サイトに掲載されたインタビューによると、須田さんは「多いときは、東京と名古屋を1日に3往復」するほどのヘビーユーザーだ。本編では全8曲を披露。渋谷公演でも8曲だったが、そのうち6曲を入れ替え、鉄道にまつわる楽曲も多く盛り込んだ。

「自分のアイドル人生の中で、この曲のときぐらいから新幹線にたくさん乗るようになった。JR東海さんに、よりお世話になるようになった」

として紹介したのが、2曲目の「恋するフォーチュンクッキー」。13年の選抜総選挙で指原莉乃さん(29=19年卒業)が1位になったことを記念した楽曲として有名だが、須田さんは16位にランクイン。須田さんにとっては、初めてAKB48の楽曲に上位16人の「選抜メンバー」として参加した楽曲で、「ファンの皆さんに投票していただいたからこそ、楽曲の中でポジションをいただけている大切な曲」だ。7曲目には「センチメンタルトレイン」。18年の総選挙で2位にランクインして勝ち取った曲だ。

着替え時間を利用して流された動画では、どの座席を選ぶかについて持論も展開した。東海道新幹線の普通席の場合、南側から順にA~C席が並び、通路を挟んでD、E席が配置されている。E席が最も富士山を見やすい席として知られるが、A席でもわずかに見られる区間がある。須田さんが選びたい座席は「A」で、その理由を

「D、Eは、隣同士になると若干近いけど、A、B、Cで、よっぽど満員でない限り、(真ん中の)Bに入り込んでくる人は少ないと思うんですよ」
「景色面で言ったら、D、Eの方が富士山が見えるんですよ。けど、まぁ、私はたくさん見せてもらったので、私はAでいいです」

広告の後にも続きます

などと、Aの方がゆったりできることを説いていた。

「迷ったり悩んだりとかしてきたんですけど…」

2曲目に披露したSKE48の最新シングル「心にFlower」では、若干涙声になる場面もあった。歌詞の

「生きるって 生きるって 大変だけど どういう生き方するか 生きるって 生きるって 素晴らしいよね みんなを(癒せる) 花になれ」

という部分を読み上げながら、これまで抱えてきた葛藤について

「アイドルって何となく『30歳まで』っていうイメージがあったから、30歳じゃなくなる自分がずっと不安だったりとか迷ったり悩んだりとかしてきたんですけど…」

と改めて言及。家族やファンから多くの前向きな言葉をかけられたといい、

「悩んでいる私に向けて生きる糧になる言葉を今までもたくさんもらってきたからこそ、なんか、響きますね…」

と感慨深げに話した。

ただ、渋谷公演とは対照的に、須田さんは大半の曲を笑顔でパフォーマンスした。ギターの電池が切れるハプニングにも、

「私って本当にいつまでたっても未完成で…でも、未完成だからこそみんなが見守っててくれるから、自分の人生は嫌いじゃないです」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル