top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2か月ぶりに愛車を見たら「こんなことあるぅ!?」 展開に「怖ッ!」「素晴らしい」

grape [グレイプ]

車を持っている人の間で年々広まっている、『猫バンバン』という動作。

気温が下がると、猫は暖かい場所を求めて車のボンネットに入り込むケースがあるため、事前にボンネットを叩いて確認をする…というものです。

Twitterに投稿され、話題になったのは、猫とは別の生き物の命を救ったエピソードでした。

車のボンネットから出てきたのは…!?

鈴木尊え(@tkykszk_36)さんの愛車は、株式会社SUBARU(以下、スバル)の『レヴォーグ』。

2か月ぶりに車に乗ろうとしたところ、空気の取り入れ口の『エアインテーク』付近から、違和感を覚えたのだとか。

広告の後にも続きます

ターボエンジンが搭載された『レヴォーグ』シリーズのボンネットには、排熱のために大きなエアインテークがついています。

※写真はイメージ

本来、ここから出てくるのは空気のはず。しかし、鈴木さんが目にしたのは、エアインテークから出てきた鳥の姿だったのです!

驚いた鈴木さんが中を確認したところ、そこには立派な鳥の巣が。そこで鈴木さんは、対応についてスバルに問い合わせることにしました。

その後、鈴木さんらは、なんとかボンネットから鳥の巣を移動させることに成功。

ボンネットにできた鳥の巣には、3~4匹のハクセキレイのヒナが発見されたといいます。

スバルが市役所や動物病院に連絡し、有識者の判断をあおいだ結果、ヒナたちは自然に帰すことになりました。

鈴木さんは「車の点検もしていただき、大変親切にご対応してくださり、ありがとうございました」とスバルにお礼を伝えるとともに、旅立っていったヒナへ「親子ともに、元気で生きていけますように」とコメントしています。

鈴木さんが発見し、スバルに問い合わせ、そこからさらに市役所や動物病院に連絡をする…という、命を救った見事な連携プレー。

投稿は拡散され、多くの人がヒナの救助にあたった人たちへ、称賛の声を上げました。

・素晴らしい人たちに助けてもらえてよかったー!投稿者さんたちに幸あれ!

・うわああ、ガソリンスタンドでバイトをしていたら、こういうケースがあった!

・これは怖ッ!自分も入り込みやすい車だから、気を付けよう…。

同車のような、大きなエアインテークが搭載された車の持ち主からは「自分の愛車にも、生き物が入っていたことがある」という声も。

命を救うため、そして愛車を守るためにも、今回のエピソードが広まるといいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典 @tkykszk_36

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル