top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ドル・コスト平均法による「株の積立投資」に潜む落し穴【プロトレーダーが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

売ることを考えず、株を買い増して積み立てていくという投資法のなかで、「ドル・コスト平均法」という手法が用いられることがあります。平均的な価格で株を買い集めることができる「ドル・コスト平均法」ですが、注意すべき落とし穴があると株式会社ソーシャルインベストメントの川合一啓氏はいいます。詳しくみていきましょう。

「ドル・コスト平均法」とは

年間120万円の余剰資金があるので、ある銘柄の株を120万円分買うとします。

「買おうと決めたときに120万円分買う」という選択肢もありますが、もしそのとき株価が割高だった場合、購入後に値下がりする確率が高くなってしまいます。これはつまり「値上がりする確率が低い」ということでもあります。

しかし、毎月10万円分ずつ12ヵ月間に分けて買えば、どうでしょうか?

株価は常に上下しているため、12ヵ月のあいだには割高なときも割安なときもあります。割高なときは買える株数が少なくなり、割安なときは買える株数が多くなります。ですから、12回に分けて買うことで、その間の平均的な株価で株を買い集めることができるわけです。

広告の後にも続きます

このように、一度に購入せず、均等額ずつ定期的に継続して投資をする方法が、「ドル・コスト平均法」です。1つの銘柄の株を積み立てていってもよいですし、投資信託に積み立てをしていく人もいます。

ドル・コスト平均法の「落とし穴」

ところが、そんなドル・コスト平均法には落とし穴もあります。

前述の、120万円を12ヵ月(12回)に分けて買うという例で考えてみます。懸念すべきは、「この12ヵ月間すべて株価が割高だった場合」です。

株価は毎日上下しますが、月単位、年単位でも上下します。ある年に1000円だった株価が、1年後には500円になっていることもあります。そして割高だった年に購入をしていれば、いくらその後ドル・コスト平均法による投資を続けても、なかなか利益が出ないでしょう。

そもそも、投資信託を含めて同一銘柄に投資をするドル・コスト平均法では、銘柄選択が非常に重要です。長期的に値下がりし続ける銘柄を選んでドル・コスト平均法を用いると、資産は減る一方になってしまうのです。

また、さきほどの例で考えてみると、最初に120万円を一気に投資し、その直後に株価急上昇の局面があれば、12回に分割するよりも当然利益は大きくなります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル