top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

椿りょう、頼もしい団員達に囲まれ初の役柄獲得へ、OSKの強みは「何事にも屈しないこと」――連載『OSK Star Keisho』第5回

SPICE

椿りょう 撮影=高村直希


1922年に誕生し、2022年に創立100周年を迎えたOSK日本歌劇団(以下、OSK)。1月より始まったインタビュー連載企画『OSK Star Keisho』も折り返しを過ぎ、第5回を迎えた。今回は男役スターの椿りょうが登場。大阪松竹座、新橋演舞場での『レビュー 春のおどり』でも八面六臂の活躍を見せた椿は、7月の京都・四條 南座では「陰陽師 闇の貴公子☆安倍晴明」で酒呑童子役にも挑む。爪の先まで美意識を高め、自身の魅せ方を追求している椿、男役スターのこだわりが随所に感じられるインタビューとなった。


――まず、月並みですがOSKに入団した経緯を教えてください。

私は、幼少期からミュージカルを観る機会がとても多く、母と観に行っていた実写版『美少女戦士セーラームーン​』のミュージカルでは、自宅を出る時点で衣装から髪型まで『セーラームーン』のコスプレをしていました。その頃から衣装を着て舞台に立ちたという気持ちが強かったんだろうなと思います。大きくなってからはジャンルを問わずに観ていまして、大学もミュージカル学科に入学しました。当時、たまたま桜花昇ぼる(おうかのぼる)さんが出演されていたOSKの大阪松竹座での公演を観ることがあり、その時、すごく衝撃を受けました。桜花さんが放つキラキラしたオーラや、とっても華やかで美しいパワーを客席からいただいて、その姿がもうずっと頭から離れなくなって。そして半年で大学を中退してOSKの入団試験を受けました。あの時、OSKを観ていなくても、また別の舞台に携わっているのではないかと思いますが、身長にも恵まれたので、こうして男役をさせていただき、今はとっても幸せいっぱいの日々でございます。

セーラームーンのコスプレをしている椿りょう


――そうして実際にOSKの一員として舞台に立たれてみて、いかがですか?

広告の後にも続きます

もちろん楽しいことばかりではないですし、つらかったり、苦しかったりしたこともたくさんありました。でも同期にも恵まれましたし、今は1年ごとにアップデートを重ねています。当たり前ですが、やはり1年生、2年生の頃と、今の7年目の自分では感じることも違います。またコロナ禍においてもOSKは、何事にも屈しない。そこが劇団の強みだなと思いますね。

椿りょう


――1年ごとにアップデートを重ねたというのは、ご自身で手応えを感じられてのことでしょうか? 周囲の方に指摘されて気づいたこともありますか?

2020年はコロナ禍で舞台公演自体も中止などが相次いでおりましたが個人的には「春のおどり」のメンバーとして大阪松竹座の舞台に出演できず、落ち込むことがありました。その時、翼(和希/つばさかずき)さんとお話をさせていただく機会がありまして。翼さんも似た境遇だったということで、「その時、どうされていたんですか」とお聞きしたら、「いただいたことをとにかくやっていくしかない」と。「それが間違っている、間違ってないとか、失敗、成功とかを考えずに、いただいたものをクリアにしていく。それだけを考えてやっていれば、結果、良くなっていることが多い」とお話してくださって。そこで気持ちが変わったように思います。また、OSK Revue Cafe in Brooklyn Parlor OSAKAにて上演した『Every Little Star​』で53公演の長期公演をやらせていただき、そこでもまたいろんなことが身につきました。初日と千穐楽では自分もお客様も分かるくらい全然違っていました。

『OSKだよ全員集合!OSK日本歌劇団Memorial Show & Premium Talk』 (c)松竹


ーー連載で翼さんへインタビューした際も、そのようにおっしゃっていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル