top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロンビアが生んだ現代の巨匠による“やわらかくてかわいい”名作たち 『ボテロ展 ふくよかな魔法』を鑑賞

SPICE

『ボテロ展 ふくよかな魔法』


“豊満”な独特の画風で知られるコロンビア出身の巨匠、フェルナンド・ボテロに光をあてた大規模展『ボテロ展 ふくよかな魔法』が、4月29日(金)に東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開幕した。ボテロ本人が監修した本展には初期から近年までの油彩を中心に、水彩・素描など70点の作品が来日。近作の《モナ・リザの横顔》も世界初公開され、90歳を迎えた現在も精力的な活動を続ける彼の軌跡をたどることができる。ここでは開幕直前に行われた内覧会の様子とともに本展の見どころを紹介していこう。

唯一無二の魅力を放つ画家、フェルナンド・ボテロ

世界各地で人気を博しているボテロ展であるが、日本での大規模な開催は26年ぶり。本展では、70年以上にわたるボテロの画業を7つのテーマに分けて紹介している。そのうち第1章の「初期作品」はボテロの監修の中に当初なかったが、彼が独自の画風を築く以前の作品を見せたいという関係者の強い希望によって追加されたパートだという。

会場入り口


広告の後にも続きます

フェルナンド・ボテロは1932年にコロンビア第二の都市・メデジンで生まれた。4歳の時に父親を亡くし、決して裕福とはいえない環境で育ったが、既に幼少期の頃から「自分はいずれ芸術家になる」という揺るぎない自信を持っていたそうだ。その才能に偽りはなく、19歳の時には首都・ボゴタで初の個展を開く。さらに翌年に国主催のコンクールで2等賞を獲得し、その賞金でヨーロッパに渡る。

フェルナンド・ボテロ《泣く女》 1949年


ここには17歳の頃に描いた《泣く女》をはじめ、渡欧前後に制作された4つの作品が展示されている。ボテロが彼の特徴的な“ふくよかな表現”に開眼するのは20代前半のことだが、《泣く女》に描かれたアンバランスな腕の太さなどからは、それ以前から後の画風の片鱗があったことが伺える。

独特な世界のはじまりは「静物画」

第2章は静物画がテーマだ。本展のポスターなどにも女性の絵が多用されているので「ボテロ=人物画の人」と思われがちだが、日本側の学芸員として本展に携わった女子美術大学の三谷理華教授は「静物画こそ、じっくり見てほしいジャンル」と語る。

「2章 静物」の展示


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル