top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小堺一機がサプライズで登場! 時速246億『バック・トゥ・ザ・ホーム・ファイナル』公開記者会見レポート

SPICE

時速246億『バック・トゥ・ザ・ホーム・ファイナル』公開記者会見より



時速246億による『バック・トゥ・ザ・ホーム・ファイナル』が2022年8月24日(水)からシアターサンモールで上演される。2016年に始まった人気シリーズ『バック・トゥ・ザ・ホーム』がついに完結するらしい。
 
2022年5月22日、公開記者会見が雷5656会館(東京都台東区)で行われ、作・演出の細川徹(男子はだまってなさいよ!)、出演者の和田琢磨高橋良輔平子悟アイアム野田(鬼ヶ島)、小野坂昌也八十田勇一川本成(時速246億)が登壇。会見の最後にはサプライズで小堺一機の出演も発表され、小堺本人も登場した。どんな会見だったのか、写真とともにレポートしたい。

川本成(時速246億)


時速246億の『バック・トゥ・ザ・ホーム』は2016年に初演され、2018年に再演&続編の連続上演、2020年に配信公演を行なった人気シリーズ。今回は永田聖一朗が新キャストとして登場するほか、小堺一機も初登場。ますますパワーアップした舞台になりそうだ。
 
この日は、時速246億恒例の(?)公開記者会見だった。通常の記者会見は、報道陣や関係者のみが参加するが、時速246億ではその記者会見をイベント化。報道陣は出演者と一緒に舞台上にあがり、一般の観客はチケットを購入して、その様子を劇場で見るという異例のスタイルをとっている。
 
実は筆者は2018年のときにも記者の一人として参加したのだが、今回は記者の人数も多かったからか、本当に出演者の真横に座っての取材。前段のトークイベントが盛り上がったのだろうが、当初の終了予定時刻に会見がスタートし、写真を撮ろうにも位置が限られているし、誰の発言かがよく分からない場面もあったりして、なかなか“ハード”な現場だったが、そんなことも忘れるぐらいに、笑いにあふれる会見だった。

恋人についての話をする、アイアム野田


広告の後にも続きます

小野坂昌也


会見の前半は司会者からの代表質問。トークイベントのときとは打って変わって真面目な雰囲気だったので、出演者たちからのツッコミが止まらない。

ーーみなさまから一言ずつお願いします(司会者)。
 
川本成:本日は記者会見にお越しいただき、お客様も記者の皆様もご多忙の中、ありがとうございます。コロナ禍ではありますが、楽しい舞台になりますよう、よろしく願いします。
 
和田琢磨:感極まって泣いてしまいました。本日はお集まりいただき、ありがとうございます、最後まで頑張ります。
 
高橋良輔:最後まで頑張りたいと思います、よろしくお願いします。
 
平子悟
:よろしくお願いします。(記者に向かって)こんなことになると思っていなかったでしょ? まさかに舞台上にあがるなんて。
 
アイアム野田:『バック・トゥ・ザ・ホーム』で野田役をやらせていただいた、アイアム野田です。よろしくお願いします。
 
小野坂昌也:本日はありがとうございます。
 
川本:さっきまでの元気はどこ行ったんですか!
 
八十田勇一
:お馴染みのメンバーで、お馴染みのお客さんで、いろいろお話ししたいと思います。よろしくお願いします。
 
細川徹:よろしくお願いします。(記者に向かって)舞台にあげちゃって、すみません。

「どこ、撮ってるの」と川本成にツッコまれた瞬間


ーー今回ファイナルですが、当初から三部作のお考えだったのでしょうか?(司会者)
 
川本:そんなわけないでしょう! 流れですよね。本当は「2」で終わるはずではありましたよね。
 
細川:「1」を見ているときに、だいたい見ていると、僕は稽古で終わりじゃないですか。毎回見て、ダメ出しをいうんですが、この先まだあるなという気持ちになる。途中で「どうですか」みたいなこと言っていましたよね。
 
川本:「2」のエンディングをご覧になった方、あのエンディング以降、ないじゃないですか。全部出し切ろうと我々も細川さんも思ってやったと思うんですけど、このメンバーに意外と思い入れがね。僕も細川さんもあって、別のものをやりましょうかという話になったんですよね。別作品。それは『ハリー・ポッター』かもしれないですけど(笑)。でも、もうないところからのファイナルをやったらどうなるだろうという。もっときつい方を選んだら、ワクワクするんじゃないかということで。
 
ーー今回はどのようなストーリーになるのでしょうか?(司会者)。
 
細川:ちゃんとした質問ですね(笑)。この『バック・トゥ・ザ・ホーム』、ご覧になりました?
 
司会者:見ていないです……。
 
細川:ダメな人たちがお酒を飲んで、えらいことになっちゃって、家に帰らなくなっちゃって、なんとか家に帰ってくるという話なんですけど。「1」、「2」、「3」でパワーアップしていくということしか言えないですね。だいたいいろんな映画で三部作があって、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も『インディ・ジョーンズ』も。見ました?
 
司会者
:見たことないです……。

和田琢磨、高橋良輔、平子悟、アイアム野田(左から)


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル